無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腰周りの贅肉がどんどん落ちる。続けるほどに[お腹ペタンコ]が叶う簡単習慣

美容

腰周りの贅肉を落とすには腹筋だけでなく“体幹も鍛えることが大切”と言われてます。その理由は体幹が強化されることで代謝が上がり、ダイエット効果も高まるから。そこで習慣に採り入れたいのが、続けるほどに“お腹ペタンコ”が叶うピラティスの簡単エクササイズ【ハンドレッド】です。

【ハンドレッド】

【ハンドレッド】はお腹周りの筋肉と体幹を丸ごと鍛えるピラティスの基本エクササイズ。動きは小さくシンプルですがお腹痩せ効果は絶大で、ちょっと行うだけで体がポカポカするほど血行を促進してくれます。

(1)仰向けに寝て両ひざを立てて両足を揃える

▲両腕は手のひらを上にして体の横に置く

(2)一旦息を吸い、息を吐きながら骨盤をやや後に倒してお腹に力を入れて凹ませる

(3)太ももを床に対して垂直に立てて両ひざをお腹に近づけ、ひざの位置をキープさせたまま両腕を上げて前ならえの状態になる

▲お腹は薄くしたままをキープします

(4)頭を上げると同時に腕を床と水平にし、腕を上下に細かくバウンドさせる

▲息を吸いながら5回バウンドさせた後、息を吐きながら5回とバウンドさせます

これを“1日あたり5セットを目標”に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「必ず背中を床につけていること」、「両ひざを常にくっつけていること」の2つがポイント。腕をバウンドさせている最中に腰が反ってきたり、ひざが開いてきたりしてしまいがちなので、注意して実践しましょう。また、慣れないうちは目標回数を行うことよりも「骨盤を安定させ、正しい姿勢を行うこと」が大切です。

最初はハードに感じるかもしれませんが、その分効果も大きいので、ぜひ習慣化してお腹のサイズダウンを叶えてくださいね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ