無料の会員登録をすると
お気に入りができます

整理収納アドバイザーが教える!4つの「片づけ上手と片づけ下手の決定的な違い」

ライフスタイル

こんにちは!整理収納アドバイザーの大森智美です。片づけているつもりなのに、片付けても片付けても…片付かない!そんなお悩みはありませんか?そんな片付け下手さんと、片付け上手さんには決定的な違いがあるのです。今回は4つの決定的な違いについてお伝えしていきます。

その1.片付けが一大イベントではない!

「よ~し!片づけるぞ!」と意気込んでゴミ袋片手に半日以上片づけている…!そんな片付け下手さんはいませんか?

モノを溜めて片付けが一大イベントになってしまうと疲れ果ててしまい長続きしません。片付け上手さんは1日の中でも必ずリセット時間を設けています。

乱れが少ない状態でリセットすると10分もかからず片付いた状態をキープできます。

片付けは一大イベントではなく、毎日の暮らしの習慣にすることがポイントです。

その2.暮らしの理想をイメージする!

モノに囲まれたお部屋が風景化して、理想の暮らしとか言われてもピンとこない…そんな片付け下手さんはいませんか?

理想の暮らしや理想のお部屋がないと、片付けること自体が目的になってしまったり、モチベーションが上がらず後回しになったり…。

片付け上手さんは、理想の暮らしの明確なイメージを持っています。

仕事から帰ってきてくつろげる空間にしたい、観葉植物を飾りたい、友達を呼べるお部屋にしたい、探し物をしないようにモノを必要最低限にしたいなど…より具体的に理想をイメージすることがポイントです。

その3.「とりあえず」で家にモノを入れない!

片付かない大きな要因は「モノの量」にあります。片付けることも大事だけれど、同じくらい家に入れないことも大事です。

片付けなきゃ!の意識はあるけれど、「とりあえずもらっておこう」とか「とりあえず買っておこう」と安易にモノを家に入れていませんか?持っているのに、ついペンや傘を買ったりお得さにつられて必要ではないけれど余分に買ったり、オマケをもらったり。

本当に必要でないものまで家に入れると片付けがより複雑で大変になります。

片付け上手さんは、「とりあえず」で入れてしまうと後が大変だということが分かっているので安易に入れません。結局モノを増やしているのはあなた自身です。

そもそも今、必要でないものを家に入れない意識が大事です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ