無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片付けのプロが教える!掃除のハードルが一気に下がる!意外と知らない「お掃除グッズ収納術」

インテリア

こんにちは!整理収納アドバイザーの青山あきよです。綺麗な部屋は好きだけれど、お掃除するのは少し苦手…という方必見。お掃除のハードルを下げるために、いますぐマネできる整理整頓・収納術をご紹介します。

お掃除グッズ、どこに置いたら良いの?

ほうきやモップ、スポンジなど、実はおうちの中には形も大きさも違うお掃除グッズがたくさんあります。

一体、どこに何を収納するのが良いのかな…と悩まれる方もいるのでは?

そこで私がオススメしたい収納場所は、ずばり “使う場所”です。

埃や汚れに気づいた時、ササっと取り出せるようにしておけばお掃除も捗ります。逆に収納場所が離れていると取りに行くのが面倒で、取り掛かるのが億劫になってしまいがち。

収納場所を決める際は、実際にそのお掃除アイテムをどこで使うのかよくイメージしてみましょう。

いつでも気軽に掃除が始められる!場所別収納アイデア

それでは早速、場所別に収納方法をご紹介させていただきます。

浴室洗面

洗面ボウルや浴槽、洗濯機など、こまめにお掃除が必要な箇所が多いこの場所。メラミンスポンジや排水溝ネットなどよく使うモノは蓋つきのカゴにひとまとめにしています。見た目もスッキリお洒落に見えるのでおすすめです。

また、幅広く使用できる重曹やクエン酸などを上手く活用すると洗剤の種類が抑えられ、モノの管理が楽になりますよ。

リビング

リビングにあるテレビなどの電化製品は、静電気でどうしても埃を寄せつけやすいですよね。

ハンディワイパーをすぐ使える場所に用意しておくと、気づいた時にササっとお掃除できます。

筆者宅では、テレビの背面に貼り付けるタイプのフックを取り付けて、ハンディワイパーを引っ掛けています。

ラグを敷いているご家庭は近くにコロコロテープをスタンバイしてみてください。

最近はシンプルなモノや、かわいらしいデザインのモノが沢山出ているので、インテリアに合わせてお好みのアイテムを探してみるのも楽しいですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ