無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨格タイプで全然違う!「選んではいけない太見え黒ワンピース」vs「着やせ黒ワンピース」

ファッション

骨格診断士、パーソナルカラーリストのSHIORIです。爽やか、クール、フェミニンなど、様々な表情を楽しめる「ワンピース」。そんな一枚でサマになるワンピースは私たちの心強い味方ですよね♪でも、一枚で着こなせるからこそちょっとしたシルエットの違いでスタイルの見え方が全然違います!そこで今回は、骨格タイプ別に太見え注意の黒ワンピースと着やせ黒ワンピースコーディネートをご紹介します。ワンピース選びのNGポイントと垢抜けポイントをわかりやすくお伝えしますので要チェックです!

簡単骨格診断で自分の骨格タイプをチェック!

自分の骨格タイプが分からない…。そんな方はまずはご自身で簡単に骨格診断をしてみましょう♪

それではまずはワンピース選びにおいてのNGポイントを、「NG全身コーディネート」とともにわかりやすく骨格別にご紹介します。

ポイントをしっかりとおさえて、実際よりも太ってみえちゃう…!なんてことはバッチリ回避しちゃいましょう♡

Part1.骨格タイプ別!残念「太見え黒ワンピース」コーデ

骨格ストレートタイプのNG「太見え黒ワンピース」

NGポイント
・ふんわりとした軽さのある素材
・タイトすぎるシルエット

ふんわりとした軽さを感じるシフォン素材などは、骨格ストレートタイプさんの身体の丸みを拾ってしまい全体的にボリューム感が出てしまいます。

タイトすぎるシルエットも肉感的でムチムチとした印象に見えてしまうので、ストレートタイプさんはとくにサイズ感には注意しましょう。

二の腕の外側にお肉がつきやすい特徴の方も多いので、袖丈も短いデザインや袖口が狭いものは避けると◎

骨格ウェーブタイプのNG「太見え黒ワンピース」

NGポイント
・メリハリや絞りのないサックワンピースなど
・厚めの生地感も重圧感が出て、全体のコーディネートが重たい印象に

骨格ウェーブタイプさんはメリハリをつけたタイトなシルエットがスタイルアップしますので、ゆったりとしたサックワンピースやウエストに絞りのないワンピースは、寸胴のようにみえてスタイルが悪く見えてしまいます…。

長めのロング丈も下半身にボリュームが出てしまい全体のバランスが悪くなってしまい苦手です。

ウエストの切り替え位置が下のデザインも足が短く見えてしまいので注意しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ