無料の会員登録をすると
お気に入りができます

20代と同じやり方してない?スキンケア迷子になりがちなアラサー女子の「正解スキンケア」

美容

20代向けのお手入れでは物足りない。でも、エイジングケアはまだ早い気が…。そんな揺れやすいアラサー女子は、スキンケアに迷いやすい世代。お手入れ次第では、乾燥小ジワが目立ったり、化粧品のチカラをうまく生かせなかったりすることも。そこで今回は、アラサー世代が取り入れるべきスキンケアについてお伝えします。

「20代の頃と同じスキンケア」はそろそろ卒業

若年層向けのスキンケアラインを使っている方は、そろそろ次のステージに移行してみてはいかがでしょうか。

同じお手入れを続けていると、肌の変化もゆるやかなため、大きな不満を感じにくいもの。しかし、自覚なく乾燥状態が続いているケースや、肌のバリア機能が低下して敏感になっているケース、乾燥小ジワが目立ち始めるケースなどは珍しくありません。

スキンケアを変えるポイントは、1アイテムずつ変えること。

いきなりフルラインで変えてしまうと、トラブルが起こったときに対応するのが大変です。1アイテムずつ変えることで、そのときどきの肌状態にマッチする化粧品を選びやすくなるでしょう。

化粧品を変えたくない場合は、使用量を増やしてみるのもひとつの手。同じアイテムでも量を増やすことで保湿力がアップします。

使用量を増やすときは、少量ずつを2〜3回に分けてじっくりなじませると、無駄なく肌に取り入れやすいでしょう。

「使用順の間違い」で本来のチカラを発揮できていないかも…

30代前後は、スキンケアアイテムが増えやすい時期。ベーシックラインに加えて、お悩みに特化した化粧品を取り入れ始める世代といえます。

すべて同じブランドのアイテムなら使用順が明示されていてわかりやすいですが、他ブランドのものと併用する場合、使用順が不鮮明です。

スキンケアアイテムは、使用する順番次第で浸透しにくかったり、乾燥しやすくなったりする可能性が。せっかく高価な化粧品を使っても、本来のチカラを発揮できないこともあります。

使用順を見抜くコツは、テクスチャーを比べること。手持ちのアイテムを手に出してみて、それぞれの粘度を比較してみてください。基本的には、テクスチャーの緩いものから順に使い始め、一番硬いものを最後に使います。

中には、「洗顔直後に」や「スキンケアの最後に」など、使用順が限定されているものもあるため、そうしたアイテムは粘度を問わずメーカーの説明どおりに使った方がよいでしょう。

「高級エイジングケア」はまだもったいない?

美容好きの方に多いのが、エイジングケアに力を入れすぎるケースです。思いきって高級な美容液やクリームを取り入れても、いまいち手応えを感じなかったという声も少なくありません。

高級ラインは40代、50代向けに作られているものが多いため、アラサー世代の肌ではその価値を感じにくく、場合によっては肌トラブルや油分過多につながることも考えられます。

エイジングケアは、自分の年齢に合わせたお手入れをすることです。必要以上に力を入れず、調子のいい肌を保つことを優先してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ