無料の会員登録をすると
お気に入りができます

コストコでモノポリーが888円!?マリオカート版買ってみた。

子育て

g

2021年7月中旬、コストコで定番ボードゲーム「モノポリー」を発見しました。

しかも888円とお手頃。いくつかあった中で、記者は任天堂の大人気ゲームとコラボした「モノポリーゲーマー マリオカート」を購入してみました。

マリオカート要素満載!

g

「モノポリークラシック」は家族と何度も遊んだことがある記者。ヨドバシ.comなどでも販売されていますが、このマリオカート版の存在は初めて知りました。対象年齢は8歳以上で、2~4人で遊ぶことができます。

モノポリーといえば、土地の売買による資金争いがベースとなるボードゲームですが、このマリオカート版はモノポリーおなじみの要素を含みながらも、マリオカートならではの「レース」要素を含みます。

使用できるキャラクターは「マリオ」「ピーチ」「ルイージ」「キノピオ」です。キャラクター選びも重要で、それぞれ異なる特殊効果を持っています。うまく使えば、ゲームを有利に進められますよ。

モノポリーのようにオリジナルの紙幣ではなく、コインを使用します。コインは両面デザインのダンボール紙です。「ゴールドコイン」が50枚、「ファイブコイン」(1枚5コイン分)が40枚用意されています。

コインのほかに、マリオカートでおなじみの「バナナコイン」(5枚)もあります。他のプレイヤーの足止めができます。

サイコロも特徴的です。1~6の目が出る一般的なサイコロに加え、コインやバナナ、トゲゾーこうらなどの目がある「パワーアップサイコロ」もあります。各プレイヤーは毎ターン、この2つのサイコロを振ってゲームを展開していきます。

コマを進めるか、パワーアップサイコロの機能を発動させるかの順番は自由です。パワーアップサイコロには相手にコインを落とさせる効果もあるので、先に発動させてからコマを進めてコインを拾うということもできます。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ