無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マイナス10kgも夢じゃない…! 話題の「やせ玉」と「腸もみ」腸活の簡単解説まとめ

美容

身体のために努力をしても、効果を実感できないとなかなか続けられません。そこで、身体の変化を感じやすい腸もみをまとめました。腸もみの基本や、話題の「やせ玉」など内容盛りだくさんです。

お椀マッサージ

小腸全体をぐるりと刺激してほぐす。
椅子に浅めに座る。両手を重ね、少し丸めておへそを覆うように当てる。手の位置を変えずに自然な呼吸で時計回りにゆっくり円を描くように回し、お腹に刺激を与える。イタ気持ちいい程度の強さで行う。

「1日1回でOKな腸活」をさらに詳しく読む

※『anan』2020年7月22日号より。写真・中島慶子 スタイリスト・白男川清美 ヘア&メイク・高松由佳 モデル・横田美憧 取材、文・熊坂麻美(by anan編集部)
※ 2020.7.19配信

4か月で-10kg減した人も…簡単、腸活みそ「やせ玉」の作り方

自らもやせ玉のおかげで、4か月で-10kgのダイエットに成功した管理栄養士 加勢田千尋さんに腸活みそ「やせ玉」の作り方を伝授してもらいました。

加勢田千尋さん 腸内環境を整えるには、体にいい菌が豊富な発酵食品と、その働きを高めてくれる食物繊維を含む食材を同時に摂取するのが効果的。それを叶えるのが、みそ+ごま+削り節粉を合わせた“腸活みそやせ玉”です。あらかじめ作り置きしておけば、お湯を注ぐだけでインスタント味噌汁に。毎日続けることで、乱れた腸内を整えることができます。

基本の「やせ玉」

乳酸菌をはじめ、タンパク質やビタミンなどが豊富なみそに、菌のエサになる食物繊維たっぷりのごま、そして味わいの決め手となる削り節粉。材料はたったこれだけ!

作り方
材料をすべて混ぜたら、大さじ1ずつ取り分ける。ラップに包み、くるっと丸めて冷蔵または冷凍で保存。

お湯120mlに溶かすだけ。

これらをプラスしてさらに腸活効果UP!

+もずく

血糖値の急上昇を抑える働きがある水溶性食物繊維が豊富。食前に食べるのがおすすめ。

管理栄養士 加勢田千尋さん 3か月で学べる腸の専門学校「CHO-JIN食育協会」代表理事。著書に『「やせ玉」腸活ダイエット』(主婦と生活社)がある。

「やせ玉のアレンジ」をさらに詳しく読む

※『anan』2020年7月22日号より。写真・中島慶子 取材、文・瀬尾麻美(by anan編集部)
※ 2020.7.20配信

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ