無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腰に手を回しながら… 男性が「彼女を独占したいとき」に出すサイン4つ

恋愛・結婚

クールな彼でも、ときには彼女に甘えたくなるもの。とはいえいきなり欲望全開というわけにはいきません。まずは軽いスキンシップをとって、彼女の反応を伺っているようです。そこで今回は「『彼女を独占したいとき』に出す男性のサイン」をご紹介します。

腰に手を回しながらくっつく

「普段はソファで隣に座るだけだけど、『今日はそういうことしたいな』ってときは腰に手を回します。彼女も察してくれて、そのまま甘いムードになることが多いです」(29歳/金融)

物理的に彼女に近づくためにも、腰に手を回すよう。彼のムラムラが伝わってくるので、女性も覚悟がしやすいでしょう。

二の腕やお腹を軽くつまむ

「俺はラブラブムードに持っていきたいときは、わざと彼女の二の腕やお腹をつまんで反応を見ますね。『くすぐったい~!』と笑ってくれるならいいですが、『やめてよ』と本気でイヤがられたら『今日はムリだな』って諦めます」(28歳/IT)

彼女に拒否されるのが怖いからこそ、あえてじゃれ合う方向に持っていく男性も。とはいえ軽くならまだしも、強い力で体をつままれると痛いもの。遠回しにダイエットを促されている気にもなるでしょう。触るにしても、最低限の力加減は意識して欲しいですよね。

顔を触る

「彼女への愛情が最高潮に達したときは、顔に触れてしまいますね。『肌キレイだね』と言いつつ触ったり、無意識に頬に手を当てたり……。彼女もビックリしているけれど、大胆な行動をとる自分に一番驚いています」(32歳/商社)

日頃ほとんど触ることのない顔に触れるのは、それだけ独占欲が高まっているサインかもしれません。ニコッと微笑むだけで彼も安心してくれそうですね。

マッサージをする

「彼女を触る口実として、『マッサージしてあげるよ』って言っちゃいます。全身触れるし、そのままイチャイチャにも持っていきやすい。まぁ俺の魂胆は全部バレていると思いますけどね……」(33歳/コンサル)

シャイで甘え下手な人ほど、マッサージを口実にすることが多いよう。「別に肩凝っていないからいいよ」と断るのではなく、彼に身を任せてもよさそうですね。

以上、「彼女を独占したいとき」に出すサインを紹介しました。

彼女が大切だからこそ、嫌がることはしたくないと考える男性がほとんど。
彼女の気持ちやその場のムードを壊さないよう、徐々に段階を踏んでいるようです。

また彼がせっかく甘えているのに、気付かずスルーしてばかりだとすれ違いも生じやすくなります。
ぜひ彼のイチャイチャ方法を知って、スムーズなコミュニケーションをとりたいですね。

©franckreporter/gettyimages
©stock-eye/gettyimages

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ