無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無料とは思えないクオリティに脱帽。ユニクロに行ったら「LifeWear magazine」はチェックマストです

ライフスタイル

全国のユニクロ店舗で無料配布されている「LifeWear magazine」をご存知ですか?もしかすると、「見かけたことはあるけれど、読んだことはない」なんて方もいるかもしれません。

ユニクロ

カタログだと思ってこれまで手に取ってこなかったという方は、ぜひこれからチェックして!フリーマガジンとは思えないほど、クオリティの高いコンテンツに感動するはずですよ。

「LifeWear magazine」って…?

「LifeWear magazine」は、ユニクロの「LifeWear」というフィロソフィーを伝えるフリーマガジンです。

ユニクロが掲げる「LifeWear」とは、“あらゆる人の生活を、より豊かにするための服”のこと。美意識のある合理性を持ち、シンプルで上質かつ細部に工夫が凝らされた、進化し続ける普段着を指しています。

しかし、それは実際どのような服であって、どのような考えのもとで作られているのか。

それを多くの人に伝えることを目的に、「LifeWear magazine」は2019年秋冬シーズンのタイミングで創刊され、現在「Issue 5」まで発行されています。

毎号テーマに沿った、興味深いコンテンツが盛りだくさん

記念すべき創刊号「Issue 1」のテーマは『New Form Follows Function(機能美から生まれる新しいデザイン)』。

ロサンゼルスに暮らす人々をスタイリングしたファッションストーリーや、ユニクロのグローバルブランドアンバサダーを務める、プロテニスプレイヤーのロジャー・フェデラー選手へのインタビューのほか、シティガイドやエッセイなど、ファッションや「ユニクロ」という枠を超えたコンテンツが盛りだくさんです。

例えばこちらのページでは、イタリア・ミラノで訪れるべき4つのデザインショップが紹介されています。

2019年秋、ユニクロはイタリア初となる店舗をミラノにオープン。そこに暮らすデザイン界の巨匠、ミケーレ・デ・ルッキ氏のインタビューから、さらに視点を掘り下げて展開されたのが、この企画です。

「Issue 2」は、『Livable Cities(住みやすい街)』をテーマに、2020年春夏コレクションと共に発行されました。

世界でも指折りの“住みやすい街”とされている、デンマーク・コペンハーゲンの特集も。居心地の良さを何よりも大切に、サステナブルな暮らしのアイディアに溢れた街の魅力を、さまざまなスポットと共に紹介しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ