無料の会員登録をすると
お気に入りができます

初心者さんはこれだけ覚えればOK!垢抜け確実♡ミニマム垢抜けメイクテク4選

メイク

垢抜けたいけれど、どうやって垢抜ければいいの?とお悩みの方にぜひ試して欲しいミニマム垢抜けメイクをご紹介。とにかくこれだけやっておけばOK!という垢抜けメイクテクをご紹介します。

【POINT1】アイシャドウは赤みのあるカラーをチョイス

使いやすくて無難なアイシャドウを言えば、今まではブラウンカラーでした。

今は「赤み系のブラウンやベージュ」のアイシャドウが圧倒的に垢抜ける!

しっかり「赤色!」という色ではなく、肌馴染みが良く、血色感を与えてくれる「自分の肌色に合った赤みシャドウ」を一つ探してみましょう。

【POINT2】涙袋には細かいラメで濡れたようなツヤ感を

これまで、様々な涙袋メイクが流行ってきましたが、今は「とにかく細かいラメでツヤ感」を重視したメイクがトレンド。

中でもほとんど色はつかないものがおすすめ。

キラキラというよりも、濡れたようなしっとり感があるものを、サッと涙袋にひと塗り。

細くなりすぎず、広げすぎないように、小指などでポンポンと少しずつ塗るのがコツです。

【POINT3】アイシャドウを塗るときは切れ長の目になるように

丸さのある目よりも、切れ長で横幅のある目の方がグッと垢抜けた印象になります。

アイシャドウを塗るときに、切れ長な目元になるように意識して塗ってみてください。上下に広げるというよりも、横に横に広げていくイメージで塗るのがコツです。

【POINT4】最後に目尻にコンシーラーをちょこんとのせ

さらに、目の横幅を広く見せるために、目尻のキワにちょこっとコンシーラーをのせます。

メイクの最後にちょこっとプラスするだけでOK。このひと手間でグッと垢抜けた印象になります。

普段のメイクにも取り入れやすいテクニックなので、ぜひ明日からでも試してみてくださいね♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ