無料の会員登録をすると
お気に入りができます

引き算するのが垢抜けのコツ♡今っぽデカ目メイクの押さえるべき引き算ポイント3選

メイク

こんにちは!メイクアップアーティストの園 佳子(その よしこ)です。目を大きく見せたい!多くの方がメイクに望むことだと思いますが、その時々で旬なアイメイクをとり入れるのが垢抜けポイントです。今旬なアイメイクは引き算メイク!今回はそのポイントをご紹介します。

垢抜け引き算ポイント①アイシャドウの締め色を辞めてみる

垢抜けを目指すなら、目の立体感を出すのに有効な濃い色→淡い色で作るグラデーションをやめ、ベースカラー→キラキラカラーでつくるアイメイクにシフトしてみましょう。

キラキラなラメやパールシャドウだけでは肌の粗が目立ちやすいので、マットなベースカラーをのせてからキラキラカラーをのせましょう。

そうするだけで、目の中央の高い場所が光って目元が立体的に見えます。

濃淡ではなく、光で立体感を演出することで透明感を出すのが旬な目元になるポイントです。

垢抜け引き算ポイント②アイラインを全体に引くのを辞めてみる

アイラインは目頭から目尻までガッツリ引くのではなく、目の形を拡大するために必要な箇所だけ引いてみましょう。

目尻部分にラインを引くことで、目をグッと拡大して大きく見せることができます。

目頭からガッツリ引くと濃さが増すだけで、太さによっては逆に目が小さく見えることもあります。

また二重幅が狭くなるほど太いラインよりも、目のキワを埋めるように細くアイラインを引くと、二重をいかしながらも引き締め効果も得られます。

さらにマスカラをする場合は、目の内側の粘膜やまつ毛の生え際をしっかり塗るとさらに引き締まります。

垢抜け引き算ポイント③まつげは太くしっかりを辞めてみる

まつ毛の印象を強くするためにマスカラを重ね塗りするのは、目をぱっちり大きく見せるためには有効ですが、まつ毛同士がくっついて太くなるのは目が濃く見えるだけです。

ビューラーでまつ毛のカールを放射線状につけ、マスカラはダマやまつ毛同士がひっついて太くなりすぎるのを防ぐため、しっかりコーミングしながら仕上げるのが垢抜けのポイントです。

まつ毛を放射線状に繊細に広げることで、目を拡大しながらも濃くなりすぎるのを防げます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ