無料の会員登録をすると
お気に入りができます

グレーデニムで今っぽいおしゃれを楽しむ4つのテク

ファッション

きれいめシーンでもはきやすいニュアンスカラーデニムにフォーカス。かっこいいスタイルを楽しみたいときはグレーデニムの出番。肌見せリブニットやロゴニットと合わせて抜け感のあるスタイルにするのもあり!

グレーデニムはかっこよく

こなれたムードのグレーは辛口なアイテムの中和役にも最適。秋はハンサムな空気を漂わせて。

YANUK
トラッドなチェックジャケットをラフにまとめるハンサムなグレー
ビッグジャケットと厚底ローファー、辛口トラッドな2アイテムを日常に落とし込んでくれるライトグレー。ジャケットに隠れたカーキがモノトーンの着こなしに奥行きを。デニムパンツ¥25300/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ジャケット¥134200/アパルトモン 青山店(マディソンブルー) トップス¥8800(ハイク)・バッグ¥143000(チャコリ × ハイク)/ボウルズ ピアス¥19800/リューク イヤカフ(上)¥49500・(下)¥52800/プライマル スカーフ¥9900/ロエフ 六本木店(ロエフ) 靴¥99000/トッズ・ジャパン(トッズ)

リブニットの色っぽさを足もとで辛口に着地させる

Upper Hights
大胆な肌見せはグレーデニムを起点としたワントーンで洒落させて
色っぽさとかっこよさを両立し、シンプルなのにハッとさせるパワフルさはデニムのなせる業。ブーツとの境目はインするよりも、細くロールアップしてワンクッション置くラフさが断然今っぽい。デニムパンツ¥26400/ゲストリスト(アッパーハイツ) トップス¥53900/アイネックス(ニット バー) ピアス¥22000/マユ ショールーム(MAYU) バッグ¥14300/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(アドラカム) 靴¥133100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

シアーな華ブラウスとのワンツーがサマになる

DES PRÉS
ドラマチックなボウタイがこなれて見えるのは切りっぱなしデニムのおかげ
透ける素材と大きなボウタイが華やかな黒ブラウスには、まろやかなグレーデニムの抜け感と万能さが頼もしい味方。合わせるジュエリーは、モダンで辛口なシルバーが相性よし。デニムパンツ¥26400/デ・プレ ブラウス¥27500/ロエフ 六本木店(ロエフ) リング¥41800/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バッグ¥25300/アパルトモン 青山店(オウレンティ) 靴¥17600/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

秋の定番ゆるニットはワントーン&レイヤードで

THE SHINZONE
楽しいムードのロゴニットもグレーを軸にすれば大人顔に
ブルーデニムだとカジュアルになりすぎてしまう組み合わせも、グレーと黒で構成すればシャープに。首もとのレイヤードや小物を黒で統一するのがコツ。かかとを踏んで履くローファーが余裕を感じさせて。デニムパンツ¥20900/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ニット¥56100/マディソンブルー 中に着たトップス¥12100/ロンハーマン ピアス¥7600/マユ ショールーム(MAYU) バッグ¥59400/サザビーリーグ(マーレット) 靴¥106700/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/林由香里〈ROI〉 スタイリスト/池田 敬 モデル/松島 花 構成・原文/三橋夏葉・平田真優香〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ