無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アイメイクの垢抜け度は涙袋で決まる♡なりたい目の形別「下まぶたメイク」3選

メイク

もはやアイメイクの定番となった「涙袋メイク」ですが、自然な涙袋ができればOK!とワンパターンになっていませんか?下まぶたのメイク、特に涙袋は目の形に影響する重要なメイク。今回はなりたい目の形別の下まぶたメイクをご紹介します。

【1】「丸目」になりたい人の下まぶたメイク

もっとも一般的で、デカ目効果が高いのはこちらのメイクです。

くりっと可愛い印象になる「丸目」メイクは、涙袋の影を瞳の真下に描くのがポイント。

涙袋の影は横幅短め、気持ち下の方に描くとぷっくり感が増します。

下まぶた全体にハイライトカラーをのせるのではなく、影を描いた幅だけにハイライトカラーを塗ります。

瞳の真下に黒目と同じくらいの横幅で塗ると自然に仕上がります。

【2】「横長アイ」になりたい人の下まぶたメイク

大人っぽい横長の目元にしたい方は、涙袋の影を目頭から目尻まで描いていきます。

このとき、目の下の淵と平行になるように描くのがポイント。

涙袋の太さを欲張りすぎず、細めに仕上げると横長の目になります。

ハイライトカラーは下まぶた全体に、細めに塗るのがポイントです。

【3】「たれ目」になりたい人の下まぶたメイク

たれ目に見せたいときは、涙袋の影を目頭から斜め下に、外側にかけて広くなっていくように描きます。

目尻側の影を太く描くとちょっぴりセクシーな印象になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ