無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋のおでかけの必需品って?美容マニアのポーチの中身公開します!

美容ライターの遠藤幸子です。普段持ち歩くポーチの中身は、洋服に合わせて入れ替えているという人が多いのではないでしょうか。このほか、ポーチの中身は季節ごとに入れ替えるのがオススメです。今回は、美容ライターである筆者が、実際にこの秋持ち歩いているポーチの中身の一例をご紹介します。

メイク

①ミニサイズの乳液と綿棒

筆者が季節を問わずポーチに入れているものは、メイクを修正できるアイテム。春や夏は、クレンジング剤を含ませた綿棒やリタッチペンを持ち歩くことが多いのですが、乾燥が気になる季節はミニサイズの乳液と綿棒にシフトしています。

乳液を持ち歩くメリットは、メイクを落として修正ができるだけではありません。肌の乾燥が気になる部分にメイクの上から重ね塗りして保湿できるというメリットもあります。

筆者が現在、愛用しているのは、エリクシール シュペリエルのリフトモイスト エマルジョンWⅡのミニサイズ。みずみずしいテクスチャーでのびがよく、肌にスッと浸透してベタつきません。

メイクの上から重ねて使うことを考えると、浸透がよく、ベタつかない使用感のものを選ぶのがポイントになります。ミニサイズの乳液でなくても、小さな容器に移し替えて持ち歩くのでもOKです。

綿棒はドラッグストアや100均のものでも構いません。ただし、先端が少し細めの方がベターです。筆者は小さなジップロックに入れて持ち歩き、メイクの修正が必要な時は乳液を少量つけて優しく拭うように落としたい部分をオフしています。

②スティック状のバーム

肌の乾燥が気になった時、手を汚さずに保湿できるアイテムがあればとても便利です。しかもメイクの上から使用できるのが大前提になります。

そういう意味でおすすめなのが、スティック状のバーム。現在、筆者が愛用しているのは、エトヴォスのミネラルトリートメントバーム(2g/税抜価格2,500円)。

顔にはもちろんのこと、唇や爪にも使用できるのでポーチに入れておくと重宝します。また、パール感でツヤが出るので、Cゾーンなどに塗ってツヤを仕込むこともできます。

ただ、先にご紹介した乳液よりもベタつきます。そのため少量を塗り、必要があればフェイスパウダーを重ねて調整するのがオススメです。

③乾燥も唇の縦じわも気にならない今っぽいマットリップ

トレンドのマットリップは、秋のポーチにも入れておきたいところ。しかし、マットリップの中には、唇の乾燥や縦じわが気になるものもあり、そういった商品は特に秋冬には不向きです。

そこでオススメなのが、筆者愛用のヴィセリシェ マットリップラッカー #RD482(全10色/税抜価格1,500円)。

軽やかなムースタッチでふんわりと纏うことができ、唇にボリュームを出すことができます。また、唇の縦じわが目立たず、唇の乾燥や荒れを防いで美しい仕上がりが長時間持続します。

今回のカラーは、今季らしい赤みのあるブラウンリップで小洒落た印象に仕上がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ