無料の会員登録をすると
お気に入りができます

垢抜けたいならそのままマネして♡プロが教える!使う色数別「今っぽアイシャドウの塗り方」

メイク

メイク講師のAyanaです。「アイシャドウがいつもワンパターン」「アイシャドウのどの色を使えばいいのか分からない」というお悩みを持つ方、とても多いです。そこで今回は、使う色数別でアイシャドウの塗り方を紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

2色塗り

2色塗りの場合、明るい色だけで目元に立体感とツヤを出しましょう!

① ツヤのある中間色(左下)…目をあけた際に色が見える幅+目尻側のアイホール、下まぶた1/3と涙袋の影に。大きめのブラシにでツヤのある中間色(左下)を目の際にのせたらブラシを横に動かしながらアイホールに広げていきます。

アイホールを意識して広く色をいれることで、1色だけでも立体感がでます。

細くて柔らかいブラシで下の目尻1/3と、涙袋の影にも色をのせておくと目力UP!

② ツヤのある明るい色(左上)…アイホール、涙袋に。

ツヤのある明るい色(左上)は黒目の上にのせてから全体に広げるように馴染ませましょう。涙袋にいれる時は付属のチップでしっかりと色を発色させるのがオススメ♡

上品なツヤで輝きつつ、やや目元が引き締まるメイクです。

暗い色を使わずにアイメイクを完成させることで明るくて親しみやすい第一印象に♪

仕事、デート、どんな場面でも使えます。ナチュラルだけど、ちょっぴりメイクしてる感を出したい時にぜひ♪

3色以上塗り

3色以上使って塗る場合、深みのあるブラウンのグラデーションで目力UPを狙いましょう!

① ツヤのある暗めの中間色(右下)…目の際と下まぶた。

柔らかくて細いブラシで目の際に。下まぶたにいれる時はあまり太く入り過ぎないように気をつけましょう♪

② マットな中間色(右上)…目頭と目尻のアイホール、涙袋の影に。

中くらいのブラシで目頭と目尻の彫りを強調するようにいれます。

あまり広範囲にいれ過ぎてしまうと、疲れた印象になってしまうので注意!涙袋の影も細くナチュラルにいれましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ