無料の会員登録をすると
お気に入りができます

私のふせんはこれ一択。カンミ堂の“巻き取れる”ふせんが優秀です!

ライフスタイル

カンミ堂から出ているロールふせん「リトロ」が、使いやすさをとことん追求した文房具でした…。用途に合わせて好きな大きさで使えて便利。ふせんだけでなく本体設計にまで“使いやすさ”が詰まっているのも推しポイントです!

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

可愛くて便利な文房具、見つけちゃいました!

Maki Hahsizume / BuzzFeed

ご紹介します!

カンミ堂の「リトロ」です!

リトロ
Maki Hahsizume / BuzzFeed

こちら、とっても便利な“ロールふせん”なんです!
1本に2つのロールが入っていて、お値段は573円。

お値段は573円

どう便利なのかというと…

用途に合わせて、好きな大きさに切って使えるんです!

Maki Hahsizume / BuzzFeed

細く切ればふせんとして、大きく切ればメモやラベルとして使うことができます!

大きさはこんな感じです。1枚分の幅は12mm!

Maki Hahsizume / BuzzFeed

1枚ごとにミシン目が付いていますが、細かいミシン目なので書くときにペンに引っかかりませんでした!

使い方はシンプル!

Maki Hahsizume / BuzzFeed

カバーをスライドさせて本体を出します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ