無料の会員登録をすると
お気に入りができます

周りの声が気になる人へ 「自分は自分」のマインドの作り方

ライフスタイル

周りを気にせずに堂々と生きるには、どうすればいいのでしょうか?

周りの目が気になって、堂々と過ごせない。そんな悩みを抱えている人は少なくありません。

「自分は自分!」のマインドを強く持つには、なにを意識すればいいのでしょうか?

周りに振り回されないためのヒントを、fumumu取材班が聞いてきました。

①なにかを求めない

「私が周りの言動が気になるときは、なにかしら周りに求めているときが多いんです。『こう思われたい』とか、『こう言ってもらいたい』とか。相手の言動が自分の理想通りになるか気になるから、ソワソワしてしまうんですよね。
相手の反応が思ったものじゃなかったら、『もっとこうすればよかった』『あの言葉がいけなかったのかも』と自分の中で正解を探してしまったり。相手に求めるものが多いと、余計に周りの声が気になってしまうんだと思います。
人の目が気になったときは、私の場合は『また周りをコントロールしようとしてるぞ、人は思い通りにはならない!』と自分に言い聞かせると、周りへの期待が薄らいで気持ちが少し楽になります」(20代・女性)

②自分の意思で…

「周りに気を遣って疲れてしまう人は、まず人に提供するものを自分の意思で決める練習をしたほうがいいと思います。提供するものは、自分の時間とか、相手への配慮とか、物とか、場合によってはお金とか、いろいろありますよね。
周りを気にして疲れてしまうのは、自分が納得していないのに、なにかしらを周りに提供しているからじゃないでしょうか。聞きたくない話を聞き続けたり、会いたくない人に会うために時間を作ったり。相手の要望にとっさに返事をする前に、自分自身はどう思っているのか考えたほうがいいですよ。
相手に合わせたほうがいい理由があっても、直感で『いやだな』と感じるなら、それは自分が納得していないということだから。どこかでハッキリNOを示さないと、ズルズル相手に振り回されてしまうと思います」(30代・女性)

冷え性対策にはコレ! 自然王国り 生しぼしょうが湯【Amazonでチェック】

③迷惑はお互いさま

「『周りに迷惑をかけるかも』と考えていたものを、『迷惑をかけているのはみんなお互いさま!』と自分に言い聞かせるようになってから、私は昔より周りの目が気にならなくなりました。
日本では子どものころから『周りに迷惑をかけてはいけません』と教えられるから、自分は自分です! のマインドが育ちにくいんじゃないでしょうか。個より輪を重んじる風潮がありますもんね。
でも、集団を守るために自分を犠牲にする必要はないと思うから。周りに迷惑をかけずに一生を過ごすなんて不可能だから、お互いに相手の言動を許しつつ自分優先で過ごせたらいいな、と今は思っています」(20代・女性)

場の空気を壊さないことだけを考えると、どう過ごしていいのかわからずに息苦しくなってしまいそうです。

「周りに引かれたらそれはそれ!」のサッパリした気持ちを持つことも、自分らしく生きるためのコツなのかもしれないですね。

冷え性対策にはコレ! 自然王国り 生しぼしょうが湯【Amazonでチェック】
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ