無料の会員登録をすると
お気に入りができます

似合う=垢抜けの近道♡顔タイプ「ソフトエレガントさん」の垢抜けアイメイクの方法

メイク

近頃はパーソナルカラー診断と同じように、顔タイプ診断もスタンダードになりつつありますよね。今回は顔タイプソフトエレガントの筆者が、顔タイプ診断時におすすめされた似合わせメイクをご紹介していきます。

使用アイシャドウ

今回は【エレガンス ヌーヴェルアイズ  13】を使用しました。

控えめなパールで肌なじみがよく、フェミニンさも感じられるアイシャドウです。

顔タイプソフトエレガントはソフトで上品な女性らしいアイテムが似合うため、このような控えめでフェミニンなアイシャドウが似合わせやすいです。

STEP① ベースカラーを入れる

それではアイシャドウを塗っていきます。

まずはパレットの上2色をミックスしてアイホールにふんわりと入れ、アイメイクのベースを作ります。

パール系のハイライトカラーにピンクを混ぜて乗せることで、自然なツヤ感と柔らかな血色感を仕込むことができます。

STEP② グラデーションを作る

続いては左下のライトブラウン系のカラーを、上まぶたのキワから横割りグラデーションになるように入れていきます。

下まぶたにもサッと入れると、さりげなく陰影をプラスしてデカ目効果を出すことができます。

STEP③ 締め色で引き締める

アイシャドウの仕上げには右下の締め色を使用します。

右下をチップに取り、アイライン状になるように目のキワに細く入れます。

目尻側はやや濃いめに重ね塗りして、目を開いた時にも見えるように調節しましょう。

顔タイプソフトエレガントの方は繊細でソフトなメイクが似合うため、今回のメイクではあえてアイラインは引かずアイシャドウの締め色をアイライン代わりにします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ