無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ドンキの「スマートテレビ」は42型で約3万!「安っ!」「こういうので充分」

インテリア

近年、動画配信サービスやコンテンツが充実し、インターネットを通して、自宅で動画や映画を日常的に視聴する人が増えています。地上波の番組も、ネットで見逃し配信されるのが当たり前になってきました。

ドン・キホーテはそんなニーズに合わせ、インターネットでの動画視聴に特化した商品を、2021年12月10日に発売します。

アンドロイドOS搭載、フルHD

ドン・キホーテのオリジナルブランド「情熱価格」の新商品「AndroidTV 機能搭載チューナーレス スマートテレビ」です。

あえてテレビチューナーを外した商品で、アンドロイドOS(Android 9 Pie)を搭載。スマホのように対応アプリを楽しめます。You Tube、Amazonプライムビデオ、Netflixなどに対応しています。解像度は1920×1080(フルHD)です。

インターネットでの動画視聴以外にも、家庭用ゲーム機を接続して大きな画面でゲームを楽しむことや、DVD・ブルーレイプレイヤーに接続して映画を鑑賞、ノートパソコンを接続してデュアルモニターとして活用するなど、様々なシーンで活躍します。

価格は24型が2万1780円、42型が3万2780円です。12月10日から、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)にて販売されます。

SNSでは「安っ!」「こういうので充分」「テレビ見ない人はこっちのがいいよ」といった声が寄せられています。

普段あまり地上波のテレビをリアルタイムで観ていない人や、お手頃なモニターを探している人は特に、スペックなどをチェックして検討してはいかが?

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ