無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[手持ち服を永遠着倒す]バンドカラーシャツのレイヤードでつくる、こなれ冬スタイル3体

ファッション

「バンドカラーシャツ」は、真冬に効くクリーンさと、それだけではないブラウスのような可愛げもあるシャツだから。一枚重ねるだけで手持ち服のコーデ幅が広がるし、単純なワンツーにしないことで奥行きも出る。飽きずに着倒すためのヒントとアイディアをご紹介。

着たのはこれ!【7枚で作る、マンネリ知らずの着回し実用書】

バンドカラーシャツ一枚だけで奥行きも幅も出せる

《ロングシャツ》

心もクリーンになる冬の白いシャツ。長短バランスでメリハリもアップ
白いシャツなら腰が隠れるロングシャツを選んで裾をアウトにしてみる。丈の長短で着こなしにリズムをつければ、着慣れたベーシックなカーディガンがさらに今っぽく、ぐっと新鮮になる。光沢あるスカートの女っぽさとも、なんともおしゃれなミックス感。カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) スカート¥27500/インターリブ(サクラ) シャツ¥37400/アペリア(ラシュモン) コート¥39930/アンクレイヴ ピアス¥24200/マリハ バッグ¥379500/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥24200/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

《黒シャツ》

“重ねる順番”を変える発想の転換。シャツを主役にして新鮮に
まさにブラウス感覚で着られるようなデザイン性のあるシャツを、ニットをインナーにして思い切って主役にしてしまうのも素敵。タートルと重ねても顔まわりがもたつかないのはバンドカラーシャツだからこそ。2枚を同色でそろえることで、さらりと“頑張りすぎない感じ”が心地いい。タートルニット¥2990/ユニクロ パンツ¥17600/アンクレイヴ シャツ¥14850/アンクレイヴ ストール¥68200/ハウント代官山(ジョンストンズ×ハウント別注) バッグ¥36300/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥27500/UTS PR(ヨーク)

《シャンブレーシャツ》

カジュアルなブルーをのぞかせて休日らしいこなれ感を楽しむ
デニムライクなシャンブレーシャツをニットの袖口と裾からのぞかせ、レディなプリーツスカートをカジュアルダウン。キャップやラインソックスなど小物も効かせて。ニット¥19800/ステュディオス カスタマーサポート(シティ) スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) シャツ¥31900/UTS PR(ケイエイチアール) コート¥25000/プラステ キャップ¥6600/カレンソロジー 新宿(リッジウッド キャップス) バッグ¥39600/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ソックス¥1320/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター(エレッセ) 靴¥53900/ベイジュ(ピッピシック)

撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ