無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年の垢抜けメイク決定版♡今っぽ顔になれる眉・アイメイク・リップはコレ!

メイク

年が明け、今年のトレンドメイクが様々なメディアで発表されています。2022年のトレンドメイクは、ファッションも話題になっていた「90年代前半」がキーワード。昭和の名残のゴージャスなバブルゴージャスなメイクを、令和バージョンにアップデートしてご紹介します。

【POINT1】90’sメイクでもっとも重要な眉は「太く・薄く」

90年代前半のメイクはなんといっても「太眉」が特徴です。

太く・濃くが当たり前だった90’sメイクですが、令和版は太眉にしつつも「薄く」仕上げるのがポイント。

明るめのアイブロウマスカラでトーンを明るくしたり、もとの眉が濃い方は、あまり手を加えずナチュラルに仕上げるのもいいかも!

【POINT2】アイラインは長く、ブラックで締める

バブリーメイクは青いアイシャドウのイメージが強いかと思いますが、派手なシャドウや太い眉に負けないアイラインも特徴のひとつ。

太くて薄い眉を書いたら、アイシャドウはいつも通りで、アイラインだけ少し長めを意識して引いてみてください。

これまでブラウンやボルドーのカラーライナーが流行っていましたが、ここは思い切ってブラックのアイライナーを使うと、よりトレンド感が増します。

ブラックのラインが浮いてしまうという方は、アイシャドウの締め色でボカしてみたり、あえてマスカラを塗らないという引き算も大切です。

【POINT3】デイリー使いのカラーマスカラを1本持っておくと使える

これは90’sメイクから少し逸れますが、各ブランドが2022年の新作として多くのカラーマスカラを発表しています。

カラーマスカラは2022年のトレンドメイクに欠かせないアイテムになること間違いなし!

写真で使用している、グリーン系のマスカラや、定番のブラウン系・ネイビー系は比較的ナチュラルで使いやすいので、カラーマスカラに苦手意識がある方にもおすすめです。

【POINT4】グラデリップから一転、直塗りローズリップがブームの予感

長らく韓国メイクに影響を受けていたリップのトレンドは、グラデリップやMLBBリップから、いかにもバブリーメイクらしい「直塗りリップ」がブームの予感です。

カラーもブラウンリップから、2022年はローズ系やレッド系に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ