無料の会員登録をすると
お気に入りができます

つらい冷えをピンポイントで撃退! パーツ別“ぽかぽかグッズ”8選

パーツ別“ぽかぽかグッズ”でコリも不眠も解消! おすすめアイテムを、麻布ミューズクリニック名誉院長・渡邉賀子さんに教えていただきました。

ライフスタイル

ひとことで“冷え”とはいっても、手指や足先などの末端が冷える、生理前後にお腹だけが冷えてしまうなど、症状はさまざま。人によって、どうしてこのような違いが出てくるのか渡邉さんに伺った。

「人間のカラダはさまざまなメカニズムを駆使して、深部体温を37°C前後にキープしています。例えば、薄着をしてお腹まわりが冷えた場合、カラダは重要な内臓を守るために、全身の血液を中心に集めようとします。結果的に、末梢の血管まで血液が十分に行き渡らなくなり、手足が冷えるという現象が起こるのです。このように、“パーツ冷え”には必ずそれぞれの理由があるので、自分の症状から冷えの原因を探り、必要な対策をとることが大切です」

そこでここでは、パーツ別のあたためグッズをご紹介。オフィスで活躍するスグレモノから、リラックスタイムに最適なアイテムまで。つらい冷えをピンポイントで撃退して、オンもオフも快適に過ごそう。

首・肩:カラダの“温度センサー”

「室内から寒い屋外に出た時に思わず肩をすぼめたり、風邪のひきはじめに首のあたりがゾクゾクした経験がありませんか? 実は、温度センサーとして冷えを感じるのが首・肩です。ここが冷えを感じると、交感神経が優位となって末梢の血管を収縮させ、手足などが冷えるので要注意。さらにデスクワークなどで首・肩がこると、血流障害が起こって冷えが悪化する恐れも。こまめに上半身を動かしてカラダをほぐすか、あたためアイテムを使ってコリを解消しましょう」

【やわらかな肌触りの首・肩用ゆたんぽ】

保温性抜群のウェットスーツ素材。寝転ぶだけで自然とフィットし、包み込むようにあたためてくれる。ゼヒカッタ¥8,800(ドリーム TEL:0120・559・553)

【キュートな温感パッチでコリを解消】

痛みやコリが気になる部位に貼るだけで、温感刺激により患部の血行を促進。鎮痛消炎 ミニ温膏 A【第3類医薬品】(32枚入り)¥880(グラフィコ TEL:03・6226・6557)

お腹・腰:内臓大集合!

「生命活動に欠かせない内臓が詰まっているお腹と、体重負荷がかかる腰まわり。特に骨盤内には、子宮や卵巣など女性にとって大事な生殖器が集中。生理の影響などもあって、どうしても血流が悪くなりやすい場所です。骨盤の中までしっかりあたためるなら、へそ下約5cmのところにある“丹田”や、背骨のいちばん下にある“仙骨”を狙うのがおすすめ。お腹と腰の両方に温熱シートを貼り、両面からじんわりあたためる方法も気持ちがよく効果的です」

【毎日の“へそ灸”を寝る前の習慣に】

レンジで加熱し、直接おへそにのせて使う発熱球。繰り返し使用も可能。レディウォーマー へそきゅう 1個入り¥1,100(桐灰化学 TEL:0120・081・331)

【心地よい蒸気の温熱でじんわりあたため】

約40°Cの快適な温熱が5~8時間持続する。めぐりズム 蒸気の温熱シート 下着の内側面に貼るタイプ(5枚入り)¥475*編集部調べ(花王 TEL:0120・165・696)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ