無料の会員登録をすると
お気に入りができます

えっ大晦日に寝ると老ける…?「運気を上げる」年末年始の過ごし方

一年で最も重要な年中行事ともいえるお正月。そのお正月にはさまざまなしきたりがありますが、新しい年が安全で幸せに恵まれるようにと、民間に伝わる行事と、宮中でのしきたりとが、一般にも広まり、現代の正月の行事に組み込まれるようになりました。ここでは新しい年をよりよく迎えるために、知っておくと運気の上がる年末年始の過ごし方をレクチャーします。

文・御瀧政子

ライフスタイル

お正月とは

一年の始まりであるお正月は、福徳(ふくとく)を司る神であり、人々に生命力を与える歳神様を迎え、五穀豊穣、家内安全を祈りました。またお正月はみんながひとつ歳をとる「数え年」で誕生日を迎える意味でもおめでたい日と考えられています。歳神様から新しい魂をいただいて歳をとり、新しい一年を改まった気持ちで始めるために行うのが、数々のお正月の行事なのです。

大掃除

神社仏閣では12月13日の「煤払(すすはら)い」行事からお正月の準備が始まります。

掃除には、邪気を取り除いて神様を迎える意味があります。日本には「八百万(やおよろず)の神がいる」と言われ、家の中のいたるところにも神様がいらして、かまどには火の神、井戸には水の神、厠(トイレ)の神など、私たちを守っていると昔から考えられてきました。そのことに感謝をしつつ掃除を行いましょう。神棚から始め、台所など各部屋をやるといいでしょう。住まいの運気を上げるためにも重要です。

神様はきれいなところを好みます。普段おこたっている場所も、いつもより丁寧に掃除をすること。そして、恵みをもたらす歳神様にお正月の間、心地よく過ごしていただくため、そして自分たちも新たな気持ちで新しい年を迎えるため、念入りに「掃き納め」しましょう。

大晦日からお正月

お正月の準備が整った大晦日の入浴を「年(とし)の湯(ゆ)」といいます。一年の垢を落とし、身を清める意味もある特別なお風呂でもあります。

日没を一日の境目と考える古来の風習にのっとると、大晦日の夜つまり現在でいう12月31日の夜にはすでに新年が始まっています。一年で最も大事な、歳神様をお迎えするには起きていなければなりませんでした。そのため、寝ると白髪になる、しわがよるなどの言い伝えもあったようです。

細く長くの縁起物である年越しそばを食べたり、除夜の鐘を聞きながら、清々しい改まった気持ちで正月元日を迎えることは、新しい年の大きな活力を得ることにもつながります。

「元日」は、すべてが元に戻った、まったく新しい年の「はじめの日」という意味です。気持ちを新たに、一年の目標を立てるなど大事なけじめの機会です。何かひとつでも新品の衣類を身に着けたり、食器なども新しいものに取り替えたり、特別な日を意識してみるのも良いでしょう。

おせち料理

もともとは、節句に神様に捧げる食物をおせち料理といいましたが、今では正月料理のことを意味するようになりました。家族やお客様の繁栄を願って食べる意味もあります。

神と人をつなぐ役割を持つのが重箱。そこに詰めたおせち料理は、まず歳神様に供えたのち、家族でいただきます。歳神様がいらっしゃる間は煮炊きを控えるという考え方や、普段忙しい主婦が正月三日間くらいは炊事せず過ごすために、保存食としての役割も果たしています。

正式とされるのが三段から五段の重箱に詰めるもの。一段目は伊達巻き・昆布巻き・きんとんなどの口取りを、二段目はタイ・ブリ・エビなどの焼き物を、三段目はゴボウ・レンコン・八頭などの煮物を、四段目は紅白なますや酢だこなどの酢の物を詰めるのが正式です。五段目は控えの重として予備の料理を入れます。

一年の豊穣を願ってこのように多彩なメニューを用意するのです。昔は、大晦日にもおせち料理を食べましたが、現在は正月7日までに食べるのが一般的です。

記事に関するお問い合わせ
オリジナルサイトで続きを読む