無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マニアックだけど覚えて損なし!「保険を選べるクレカ」のメリット

節約・マネー

クレジットカードには様々な特典が付いています。ポイントが貯まる、空港ラウンジが使える等です。基本的には、同じカードの保有者は同じ特典が利用できます。

新たに三井住友カードが開始したのが「選べる無料保険」。クレジットカードには様々な保険がついているのですが、自分に合った保険を選べるようになりました。

クレジットカードの保険とは?

クレジットカードの保険というと旅行保険を考える人が多いかもしれません。国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険などです。

これらを付帯しているカードも多く、旅費を支払った場合、旅行中にケガをした、病気をしたなどで医療機関を利用した場合などに補償されます。

他にも、カードが盗難されて利用された場合、不正に利用された金額については支払わなくても良い「紛失盗難保険」もあります。この保険があるから、クレジットカードを安心して利用できるわけですね。

買い物でクレジットカードを利用して支払うと、一定の期間中は壊れたり、盗まれたりした場合に補償される「ショッピング保険」が付帯するカードもあります。もちろん、全ての商品ではなく、スマートフォンや自転車など、傷が付きやすい商品などは対象外。動物や植物なども対象外です。

年会費が高いカードになってくると、カードで買った物を店舗が返品を受け取らない場合に補償される保険、旅行やコンサートの予約をしたけれど、同行者の突然の病気やケガなどでキャンセルするときにキャンセル費用を補償してくれる保険、ホールインワン・アルバトロスを達成した場合などに支出した費用を補償してくれるゴルフ保険なども付帯します。

最近流行っているのがスマホ補償。カードを保有しているだけ、またはスマホの料金を対象カードで支払っているだけで、画面割れなどの修理代金を補償してくれます。年会費がそれなりに高いカードであっても、画面割れなどを修理するとこれだけでも年会費を回収できることもあります。

また、最近は多くの都市で自転車保険が義務化になっていますが、個人賠償責任保険が付帯するカードを保有していれば、補償額によっては別途自転車保険に加入する必要はありません。

このように、クレジットカードによっては、様々な保険が付帯しています。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

変更できる保険は3つ

三井住友カードの対象カードでは無料保険を選択できるようになり、初期状態では海外・国内旅行傷害保険が付帯します。

変更できる保険は3つあります。

1つ目は個人賠償責任保険。子供がお店で商品を壊してしまった等の時に補償される保険です。一般カードの保険金額上限は20万円。何か壊してしまった等では安心できますが、自転車保険として考えた場合は不安です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ