無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「オトナの関係」から始まったふたり 恋愛関係になる3つのきっかけ

わざとアプローチしたわけでなくても…。

遊びだけのオトナの関係から始まったのに、いつのまにか交際に発展していることも。

fumumu取材班は、経緯を詳しく聞いてみまし3つ

①お互いに惹かれ合った

大人の関係から入っても熱愛関係になることはありえるようです。

「彼との出会いはマッチングアプリでした。お互いに遊ぶ異性を探していて、最初のデートは飲んでカラオケ。そして2度目のデートでオトナの関係になりました。
それから週1回程度の頻度で会ってはホテルで過ごしましたが、私は彼のことがすぐに好きになってしまって。彼にとって私は遊ぶ相手のひとり。だから私もマッチングアプリを続けていたんです。
ただ、それを知った彼から『俺はもうマッチングアプリやめたのに…』と言われました。私が『だって付き合ってくれないでしょ?』と返すと、『付き合うからもうやめてくれ』とも言われ、付き合うことになりまして。
そんな出会いではあったものの、感性がピッタリで、よく会ううえに連絡も頻繁に取っています。求め合い続けて3年がたちますが、いまだにラブラブです」(30代・女性)

②ベッドで慰められそのまま交際

相談相手から自然と彼氏になった人も。

「今カレとは職場が同じでした。取引先で勤務していた元カレに浮気されたことをきっかけに、今カレに恋愛相談をするようになり、仕事終わりに飲みに行く機会が増えたんです。
初めはただの相談相手でしたが、話しているうちに趣味や価値観などが同じで意気投合し、ある日飲みに行った帰りに、慰められるようなかたちでそのままホテルへ…。
こうして自然と付き合うことになり、今に至ります」(30代・女性)

③独占欲を刺激して恋人に

最初は彼のセフレだったものの、彼の独占欲をうまく刺激できたようです。

「私はバツ2になったばかりで、さみしくて出会い系で遊んでくれる人を探しているうちに、彼と出会いました。
彼は最初から求めてきましたが、私のほうが初日は許さず、2度目のデートでエッチ。それからは何度か会うたびにするほど、彼のことがタイプだったんです。
彼はセフレを求めていましたので、それに応えていました。だけどセフレ関係って切ないもの。さみしさが埋まらず、他の男性とも遊び、それを彼も知っていました。
すると彼は、私を『独占したい』『ちゃんと付き合ってくれ』と言ってくれたんです。今もまじめに付き合っています」(30代・女性)

相性が合えば、オトナの関係から恋愛関係になることもあるんですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ