無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秘書100人がダメ出し!仕事場でのファッション絶対NGマナー9選

ビジネスマナーを秘書100人に調査! ぐるなびが運営する日本最大の秘書コミュニティ「こちら秘書室」の秘書さんたちにアンケートを実施しました! 現役秘書直伝の “めっちゃ使える” ビジネスマナー、今回のテーマは、仕事場でのファッションで「絶対にやってはいけないこと」。秘書さんたちが教えてくれたNGマナーをご紹介!

ライフスタイル

職場のファッション、どうしてる?

毎日どんなファッションで仕事に出かけていますか? 制服があったり、カジュアルOKだったりと職種によってさまざまだと思いますが、社会人としての一般常識は知っておきたいところ。そこで、ビジネスマナーに精通した現役秘書100人に、仕事場でのファッションで「絶対にやってはいけないNGマナー」を聞いてきました!

職場ファッションのNGマナーは…

露出はダメーっ!

「胸もとが開き過ぎる服装」(32歳・IT系)
「すべての季節で肘、膝は出さない。鎖骨もすべては出さない」(42歳・教育)
「スーツでも、スカート丈が膝丈より短いとソファーに座ったとき正面のクライアントが目のやり場に困る」(50歳・金融)

アンケートでもっとも多かった回答が、露出に関するもの。特にノースリーブとミニスカートは「絶対NG」という意見が多数ありました。夏に流行したシースルー素材のトップスも要注意。腕がすべて見えるのは避けるなど、工夫したほうがいいようです。

下着のラインもダメ!

「体や下着のラインが見えるようなタイトな服装は控える」(46歳・情報サービス)
「下着の線が出るようなぴったりしたデザインの洋服は避ける。あくまでも上品に」(51歳・IT系)

下着が見えるのはもちろん、そのラインも見えたらマナー違反。ビジネスシーンでなくても、例えば電車の中で下着の線がバッチリ見える女性がいたら、気になりますよね。これは男性目線というより女性が同性に対して注意したくなるマナーなのかもしれません。

素足もNG!

「夏場でも素足でオフィスに入らない」(46歳・製造業)
「生足はみっともないので夏でもストッキング着用」(48歳・その他サービス)

職場での生足は、やはりイメージがよくないようです。ちなみに、アラサー世代以下の秘書さんたちから「素足NG」の回答は寄せられませんでした。素足に関しては、世代によって受け止め方が異なるのかもしれません。

カジュアルすぎる!

「カジュアルなワークパンツ、カーゴパンツなどは履かない」(36歳・文具製造業)
「デニム生地の衣服はカジュアルすぎるのでNG」(32歳・IT系)
「突然の来客でも、すぐにジャケットを羽織ってお客様にお会いできる服装にしている」(32歳・輸送)

ビジネス・カジュアルがOKな職場でも、くだけすぎないよう注意したほうがよさそうです。また、「常にジャケットを用意している」と答える秘書さんも多くいました。とりあえずジャケットがあると、いざという時に安心ですね。

ヒラヒラ…は避ける

「お茶出し等するので、袖がヒラヒラするものは着ない」(24歳・石油・ガス系)

袖フリルのトップスがトレンドになっていた時期もありましたが、ヒラヒラ…もNGなんですね。ほかに、「長めのネックレスはお茶出しでかがんだときに危ないのでつけない」(31歳・金融関係)、「茶器を傷つけないように指輪はしない」(45歳・情報サービス)など、お茶出しに支障があるファッションは避ける、という回答がいくつもありました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ