無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年後半、最もパワフルな運気に恵まれるのは誰?[2022年下半期占い]激動の「今を生き抜く」アドバイスを大公開!

占い

“幸運の星”と言われる木星がうお座に舞い戻り、その後、本格的におひつじ座入りを果たす下半期。運気は上がったり下がったりを繰り返しながらも、私たちを新しい時代へと導いてくれるでしょう。この変則的な流れにスムーズに乗れるかが、下半期を生き抜くためのポイントになりそうです。今回は、そんな「激動の今を生き抜くアドバイス」を、血液型×エレメンツ別に占い師の月風うさぎさんに教えてもらいました。

A型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

運命の荒波に翻弄された上半期と打って変わって、下半期は輝かしいムードのよう。あなたの本領を発揮できる場面が増えそうなので、思いきり腕を振るってください。

おひつじ座は、プレッシャーのかかる役や仕事に挑むとよさそう。眠っていた能力が目覚めて、さらなる飛躍を遂げられるかも。
しし座は、上半期に逃したチャンスが再浮上しそう。今度こそしっかりとそのチャンスをものにしてみて。
いて座は、恋愛運が好調みたい。将来を見据えたお付き合いができるでしょう。

A型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

下半期はパワーがダウンする傾向のよう。特に7~10月にかけては、体調を崩しやすいようなので無理はしないで。心身のメンテナンスに励んでおけば、11月以降に運気復活のチャンスが巡ってきそう。

おうし座は、持ちすぎている荷物を手放すことが重要なミッションみたい。キャパオーバーな仕事や背伸びした恋ともサヨナラを。
おとめ座は、肉体を鍛えることで強くなれそう。筋トレやウォーキングに挑戦してみてもいいかもしれません。
やぎ座に福をもたらす“福の神”は内にある予感。家族や親友と語らうことに幸せを感じられるでしょう。

A型×風のエレメンツ(ふたご座・てんびん座・みずがめ座)生まれ

やらなくてはいけないことが増え、多忙になりそうな下半期。充実した半年間にできるかは、あなたの考え方次第のよう。ゲームをクリアする感覚で、楽しくタスクを処理していきましょう。

ふたご座は、フットワークよく動けそう。ただし、9月に掛け持ちするのは運気暗転の引き金になる可能性も。ダブルブッキングにも気をつけて。
てんびん座は、信頼できる仲間がたくさんできそう。秋の合コンには運命の恋が待っている予感。
みずがめ座は、勉強が開運のためのキーアクションとなりそう。特に、あなたにとっての新分野を学ぶことは未来の糧になるでしょう。

A型×水のエレメント(かに座・さそり座・うお座)生まれ

上半期やり残したことに、挑むことになりそうな下半期。まずは何をどこまでやっているのか、進捗を確認して、ゴールまでの作戦を練ることが大切なようです。

かに座は、目の前にサクセスロードが現れそう。特に7月、11月のオファーは受けて正解でしょう。
さそり座は、チューニングが必要な時期になるようです。不備や問題を洗い出して調整してみて。復縁にも星の加護がありそう。
うお座は、リベンジチャンスに恵まれるでしょう。最後に笑えるように、ひたむきに頑張ることが大切なようです。

B型×火のエレメント(おひつじ座・しし座・いて座)生まれ

上昇気流に乗れそうな下半期は、持ち前の勇気とパッションがメイクドラマの呼び水になるかもしれません。新しいことへの挑戦も前向きに行うのが良いでしょう。

おひつじ座は、成長期みたい。苦手なことの克服に挑むのが、今悩んでいることを解決する突破口になりそう。
しし座は、宝探しにチャレンジしてみるといいかも。ありふれて見える日常に、たくさんの可能性が眠っていることに気づけるでしょう。
いて座は、「好き」を軸にして喜びにあふれた毎日を送れそう。推し活、恋愛にもハッピーが盛りだくさんの予感。

B型×地のエレメント(おうし座・おとめ座・やぎ座)生まれ

下半期の運気は一時停滞状態みたい。しかし、運気が滞っているように見えても、水面下では次の時代への動きもチラホラと出てくる時期でしょう。しっかりと根回し&準備をしておくように。

おうし座は、人に見えないところでどう行動するかが大事なよう。人が口にしない本音、裏事情に開運の糸口が潜んでいそう。
おとめ座は、「能ある鷹は爪を隠す」をモットーに。特に、夏は大人しくしていたほうが秋にチャンスが到来する予感。
やぎ座は、過去と未来が交錯しそう。懐かしいで終わらせず、今後にいかす道を考えてみて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ