無料の会員登録をすると
お気に入りができます

え、すごい!新発売の平らな“ザル”が下ごしらえから盛付けまで使えて便利すぎる!

ライフスタイル

平らになるだけでこんなに使いやすいなんて!

家庭日用品メーカーのKOKUBO(小久保工業所)から、画期的なキッチングッズが登場!ポリプロピレン製の「COOK 平ザル」小・大が2022年7月10日(日)より発売されます。

「COOK 平ザル」は、通常の半球状のザルとは異なり、ザルの面が平らで浅く、食材をザルの上にのせて使うのが特長。この形状が、調理中のさまざまな悩みを解決するポイントなんです。

まずはスペックをチェック!

横から見るとこんな感じ。通常のザルと比べると本当にコンパクトなので、キッチンの収納スペースが足りない…なんて人にもおすすめ。

底には脚が3ヵ所ついています。食材がシンクや調理台につかないので衛生的な上、安定感もバッチリ!

また、ボウルに重ねて使うこともできます。ボウルの口を閉じたまま水切りができるので、食材が落ちづらいのがポイント。出汁を濾すときにも便利ですね。

水切り、ちょい置き、盛付け…色々使える!

食材の水切りに

「COOK 平ザル」はザルの面が平らなので、豆腐の水切りにピッタリ!通常のザルだと豆腐が崩れやすい…と悩んでいた人はぜひお試しを。もちろん、野菜や魚、肉の水切りにも◎。底に脚が付いているので衛生的です。

下ごしらえにも手放せない!

耐熱温度が120度なので、ボウルに重ねて熱湯を注げば厚揚げや油揚げの油ぬきも簡単。そのほか、熱い食材の粗熱をさますときのちょい置き用としても活躍してくれます。

盛り付けにも使えます

記事に関するお問い合わせ