無料の会員登録をすると
お気に入りができます

”当たり前”が実はストレスになってるかも!整理収納がラクになる!4つの「しなくていいこと」

ライフスタイル

整理収納コンサルタントの須藤昌子です。私たちは、日々やっている事にあまり疑問を持っていない事が多いのですが、実は、当たり前だと思ってやっている行動が、毎日の負担になっている事も多いのです。その事になかなか気づかず、ずっとストレスに感じている人も多いと思います。今回は、疑問に思っていなかった「当たり前」を変えるヒントをご紹介します。

①バスタオルは大判でなくていい

バスタオルというと、「大判のタオルを使うもの」と思いがちですが、大きなものを、必ず使う必要はないのです。

暮らしや収納場所に合わせたサイズのタオルを風呂あがり用にするだけで、洗濯も楽になりますし、天気を気にせず、洗濯が出来るようになります。

小ぶりで、速乾性のタオルを選んだり、ガーゼタオルを使ったりする事で、乾きにくさや収納しにくい環境を変えることが出来ます。

②詰め替えは「美しく見せるため」じゃなくていい

「容器の詰め替えは面倒」という方も多いと思いますが、私は、調味料を1袋丸ごと収まる保存容器に詰め替えることで、詰め替えのタイミングを少なくしました。

手間を減らしながら、1つの引き出しに、調味料がすべて収まるようにしています。

単なる、「美しくするため」の詰め替えではなく、サイズや大きさをそろえることで、調味料の保管場所を1つにまとめる事を考えました。

こうすることで、毎日のお料理を効率よくできますし、移動が少なくなることで料理を楽しめるようになりました。

③「もったいない」に固執しなくていい

「もったいないから、捨てられない」片付けの大きなハードルです。

でも、もったいないと思う事で、使わないモノの置き場所も無駄にしていることになるのです。

使わないままおうちに置いておくのは、モノを自分のおうちで劣化させることになります。

結果、捨てることになり、自らもったいない状態にすることになってしまいますし、使わないモノにスペースを奪われて、窮屈に暮らす自分の時間ももったいないのです。

モノが多いお部屋は、探しものをする機会も多くなり、徐々に、収納からモノがあふれる状態にも変わってきます。

本当に「もったいない」という意味について考えてみませんか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ