無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大バズ中!セザンヌの「フェイスグロウカラー」を美容のプロが試してみた。人気デパコスとの比較も

メイク

セザンヌの「フェイスグロウカラー 01 アプリコットグロウ」(660円)が、全国発売を待たず2020年7月7日からの先行発売の時点でバズっています。

口コミやSNSの投稿をチェックしてみると、「使いやすい!」「デパコスみたい!」「600円とは何事?」と絶賛の嵐。中には「やっと買えた」「ラスいちだった」といったコメントも見られます。

評判は凄いですが、本当のところはどうなのでしょうか?

今回は、美容のプロである筆者が実際に使ってみた正直なところをレポートします。

フェイスグロウカラーって、どんな商品?

フェイスグロウカラーは、ハイライト、チーク、アイシャドウなどマルチに使えるフェイスカラーパレット。

ゲルの中にスムースパウダーが配合されているので、指で押してみると生っぽいプニプニとした不思議な触感で、肌に伸ばすとサラサラになるのが特徴的です。

マスク生活でチークやハイライトは色落ちのしにくさが求められており、それに応えた作りになっています。

ハイライトカラーのベージュと血色カラーのアプリコットカラーの2色入りで、透け感のある発色。肌のトーンを問わずに使えます。

こちらの商品を初めて見た筆者は、「THREE シマリング グロー デュオ」(4950円)に色は違えど、コンセプトがよく似ているという感想を持ちました。

(公式サイトより)

両者を比較しながら、使ってみた感想をレポートしていきましょう。

(1)色について

セザンヌは、「01 アプリコットグロウ」の1色展開。ハイライトカラーがベージュ、血色カラーがアプリコットカラーで肌なじみのいいカラーです。

アプリコットカラーはチークとして使うのには適していますが、シェーディングとして使うには赤みが強いという印象です。

一方、THREEは2色展開。濃淡の違いはありますが、シャンパンベージュとブラウンの組み合わせです。下の画像は、明るめカラーの01番です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ