無料の会員登録をすると
お気に入りができます

座ったままお腹をねじるだけ。“ながら”で1日3回[くびれウエストを取り戻す]簡単習慣

美容

食べ過ぎやちょっとした気の緩みで、すぐにたるんでしまうウエスト周り。食欲が高まる季節を迎えた今こそ、お腹のたるみが気になった時に手軽に行える簡単習慣をチェックしておきたいところです。そこでおすすめが、座ったままお腹を捻るだけでOKのピラティスの簡単エクササイズ【エルボトゥーニープレカーサー】になります。体幹を強化できるので、代謝UP効果も期待できるのも魅力です。

【エルボトゥーニープレカーサー】

(1)床にあぐらで座って背筋を真っ直ぐ伸ばして骨盤を立て、お腹に力を入れて両手を頭の後ろにセットする

▲ひじはできるだけ外に開いて胸を広げ、肩から骨盤までが一直線になるようにします(ニュートラルポーズ)

(2)鼻から息を吸い、口から息を吐きながら上半身を右に捻る

▲お腹から上に向かって順に捻っていくイメージです

(3)鼻から息を吸い、口から吐きながらセンターに戻って、再び鼻から息を吸って、口から息を吐きながら左に体を捻る

(4)鼻から息を吸い、口から息を吐きながらセンターに戻る

これを“1日あたり3回を目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「頭と肩をお腹より先にねじらないこと」がポイント。「必ずひじを体の外側をキープしておくこと」ことにも注意しましょう。

あぐら座りのままで行えるエクササイズなので、TVを観ながらなど“ながら運動”として取り組めるのも魅力。ぜひ習慣化して、くびれウエストを取り戻していきましょうね。<ピラティス監修:KEI(インストラクター歴3年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ