無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人がやってもイタ見えしない♡プロもやってる!自然に盛れる「大人のデカ目メイク」のやり方

メイク

メイク講師のSAKIです。大人になるにつれ目元の印象はどんどん変わっていき、若かりし頃に楽しんでいた「デカ目メイク」もそろそろ卒業しなければ…と思っている方もいらっしゃるのでは?「デカ目メイク」といえば、アイラインは縦も横も強調、まつエクでまつげ盛り盛り、涙袋はリキッドライナーでしっかり影を入れ、グリッターで目の下をキラキラさせるような華やかさが印象的です。大人になるとここまでするのはちょっと…という方も、実は少し視点を変えるだけで大人も「デカ目メイク」が楽しめるんです。今回は大人も楽しめる、自然に「デカ目」を演出する方法をご紹介します。

トレンドのラメアイテムは、まぶたの中央に馴染ませるべし

今トレンドの「ラメ」アイテムは、まぶたに光が集まり目を明るく見せるだけでなくデカ目効果も抜群です。ですがまぶた全体にラメを広げると派手な印象になってしまい、なかなか普段使いするのは難しい…と感じる方も多いようです。

デカ目メイクに欠かせないラメは、「まぶたの中央」にコンパクトに馴染ませるのがおすすめです。

アイシャドウの全ての工程を終わらせた後、最後に指で軽くポンポンとまぶたの中央に馴染ませましょう。こうする事で自然に明るさをプラスすることができますし、中央に馴染ませると目の丸みが強調され立体感が生まれます。目の形を生かしたデカ目メイクが楽しめますよ。

涙袋の影の入れ方に注目!仕上げは「パール系」ハイライトカラーが鉄則

デカ目メイクといえば「涙袋」を思い浮かべる方も多いでしょう。もともと涙袋がある方は年齢を重ねてもそのまま涙袋が存在するように、大人になっても涙袋を作ることはおかしくありません。影の入れ方や、ぷっくり見せるハイライトカラーを工夫すれば自然な涙袋を作ることができます。

涙袋の影は、「アイブロウペンシル」で描くといいでしょう。アイライナーよりふんわり色づきますし、ボカしやすいので失敗しづらいのもポイントです。また、目頭から目尻まで線を入れてしまうと不自然なので、目尻側は特に間を空けて影を入れましょう。

また若かりし頃に使っていたグリッターやラメでぷっくり演出するのは卒業し、パール系のハイライトカラーを取り入れましょう。上品に目の下が輝き、自然にふっくら感を演出することができます。

ぜひアイテム選びにもこだわってみてくださいね。

デカ目に少し甘さを加えるなら「グレー」×「ピンク」の組み合わせがおすすめ

せっかくデカ目に見せたなら、目もとも女性らしく柔らかさを出したいですよね。そんな時には「グレー×ピンク」の組み合わせのアイカラーを使うのがおすすめです。ピンクが強いカラーを使うと幼い印象になってしまい、大人顔にマッチしないデカ目メイクになりがちです。

深みはありつつ温かさも感じるグレーは、まさに今のトレンドカラーでもありグッと大人ぽさも上がります。ピンクの中にグレーが入ったくすみ感のある色や、パレットの中にグレーとピンク両方が入ったアイカラーもありますので、ぜひお気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

いかがでしたか?

アイカラーを馴染ませる位置や使う色を変えるだけで、とても自然なデカ目メイクに仕上げることができます。

やり方もとてもシンプルで、普段のメイクに取り入れやすいのもポイントです。ぜひ試してみてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ