無料の会員登録をすると
お気に入りができます

現役ヘアメイクが教える!「NG老け見えメイク」&「OK若見えメイク」のちがい

メイク

若々しいきれいな自分になりたくてメイクをしたはずが…かえってメイク後の方が“オバさんっぽさ”が増してしまった経験はありませんか?それはメイク方法が間違っているからなんです。今回は若見えメイクと老け見えメイクの違いについてご紹介していきます。

・眉尻を下げ過ぎると老け見えするので、長さに注意する

【3】ふっくらしたハリ肌を作る

次に重要なのが、チークやハイライト・ローライトといったフェイスカラーの使い方です。若いころは鼻筋が通っていてキュッと引き締まったフェイスラインをした、メリハリのある顔立ちに憧れますよね。

けれども、30代半ば頃から気を付けたいのが、影を目立たせるようなメイクです。年齢とともに骨っぽさが目立ちやすくなるため、ローライトやハイライトの入れ方を間違うと、お肌がしぼんで元気がないように見えてしまいます。

特にノーズシャドウの入れすぎは禁物です。アイホールや目の下のくぼみが目立ってしまうため、眉頭の下に淡くいれる程度にとどめましょう。

若見えメイクのポイント

・ハイライトでツヤを足してふっくらした立体感をプラス

・チークは横長に入れ、顔の重心を上に持ってくる

・ローライトは、たるみがきになるフェイスラインなどに薄く入れるだけに留める

今回は、若見えメイクと老け見えメイクの違いをご紹介していきました。大人世代のメイクは、少しの技を取り入れるだけで、ガラッと印象が変わります。ぜひ、明日のメイクから取り入れてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ