無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2023年上半期に「予想外のラッキーが舞い込む」のは誰?[12星座別]金運・仕事運を解説!

占い

2023年まで残り1か月を切りました! 仕事はこれまでよりアクティブに、お金は不安のない状態を望みつつ、1月から6月までの上半期をどう過ごせばいいのかを見ていきましょう。12星座別の金運・仕事運とともに、思い切った決断を下すべき時期や注意したい季節をご紹介します。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

5月半ばまで金運は穏やかで淡々としています。年初めや年度替わりの時期は何かと出費がかさむかもしれませんが、無茶をしなければ不安なく過ごせるでしょう。

ゴールデンウィークを過ぎると、お金に関する知識や副業についてアドバイスをくれる人が現れるかもしれません。年齢を問わず、人生経験豊富な人の話には耳を傾けると良さそうです。

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

お金については、友人が言う「こうしたほうがいいよ」というアドバイスに耳を傾けて。特に、家賃や生活費を節約する方法は目からウロコの話が聞けるはずです。

一方で、趣味や好みが共通する仲間からは、散財のきっかけを投げられるかもしれません。最新アイテムの情報やイベントへのお誘いがあれば、懐具合と相談してから返事をしましょう。

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

金運は3月がターニングポイント。金銭感覚が変わって、今までとは違うポイントに価値を見いだすかもしれません。それ自体は増収でも収入アップでもないのですが、これからの人生でお金の扱い方が少しずつ変わっていくでしょう。

また、2022年から家計のやりくりに苦戦していた人は、年明け早々に努力が報われそうです。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

2月上旬までに2023年のお金の計画を立てましょう。家計に不安がある場合は、3月末までに対策を立てて動くと良さそうです。

副業を始めたい人はラクして稼げるオイシイ話より、得意分野をコツコツ頑張ることを大切に。春にはまとまった収入になるはずです。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

2023年上半期はお金の計画を考えるのに良い時期です。特に、3月以降は現実的に将来を見据えてマネープランを立てられるでしょう。

ファイナンシャルプランナーや税理士などに相談するなら、人づてに紹介してもらうといいかもしれません。人脈を広げるうちに頼れる専門家と知り合えそうです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

5月半ばまでは将来のマネープランを立てるのに良い時期です。保険の加入や個人年金、投資を検討するなら、春までに具体的な計画を立てましょう。

3月はまとまったお金を動かしたり、未来のためにお金を運用したりと、新しい決意をするかもしれません。お金の知識に疎い人は、信頼できる団体のマネーセミナーに参加すると良さそうです。

「2023年上半期の仕事運」は? 星座をクリック!

沙木貴咲

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ