無料の会員登録をすると
お気に入りができます

股関節周りの柔軟性UPで血行促進。下半身の巡りUP[冷えの予防に効く]簡単習慣

美容

ゆっくりとした動きで体を動かすヨガは体の柔軟性を高めつつ血行促進するので、女性特有の生理時の症状を和らげる効果を期待できるのが魅力の1つ。そこで今回は、股関節周りの柔軟性を上げると同時に冷えの予防に効果的な簡単ヨガポーズ【アンジャネーヤアーサナ】を紹介します。巡りの良い下半身に整えるべく習慣に採り入れてみましょう。

【アンジャネーヤアーサナ】

(1)四つん這いの姿勢になる

▲両手を肩幅に開いて手の平を肩の真下に置き、両脚は腰幅に開いてつま先を立てます

(2)右脚を手よりも前に出す

(3)腹筋や体幹など体の中心部の筋肉を意識しながら上半身を起こす

(4)両手を合わせて天井に向け、そのまま3〜5呼吸(約30秒間)キープする

▲目線も天井へ向けましょう

キープが終わったら、反対側も同様に行います。なお、期待する効果をきちんと得るためには「あごを引いて、指先を天井に向ける意識をしながら上体を後ろに倒すこと」がポイント。背中が自然な形で反るように意識しましょう。

股関節周りが血行促進されることで、下半身の巡りも良くなり、生理時の症状の緩和にもつながります。下半身全体や腰周りの引き締めにも効果的なので、ぜひ習慣化してみてくださいね。<ヨガ監修:Minami(マシンピラティスWECLEトレーナー/トレーナー歴4年)>

WECLE
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ