無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ナチュラルなデカ目が叶う♡下まぶたメイクのコツ&おすすめアイシャドウ

普段から下まぶたメイクを取り入れていますか?アイメイクをしていても、下まぶたまでしっかり色を入れている人はなかなか少なく、定番のブラウン以外にどんな色が似合うのかも分かりづらいもの。でも下まぶたにもしっかりメイクをすることでプラスの効果はたくさんあります♪今回は下まぶたメイクのコツをご紹介します♪

メイク

デカ目効果まで!下まぶたメイクのメリット

上まぶただけでなく、下まぶたにもしっかりメイクをするメリットとして、まずは“デカ目効果”があります。

アイシャドウを入れた部分まで目の範囲が広がって見えるので、上下左右に目が大きく見える効果が得られます。

また、いつもの顔より変化がつけられてこなれ感とお洒落さが出ますよ!使うコスメの幅も広がるはず!

せっかくメイクをするなら上下のまぶたまで使わないともったいない!
目の周りがキャンバスだと思って、アイシャドウで彩りましょう。

もちろんやりすぎには注意。失敗しない色味ややり方なども気にしながら取り入れることが大事です。

入れる位置によって雰囲気が変わる

下まぶたといっても目頭から目尻までは幅広いですよね。
目頭・黒目の下・目尻と3等分に分けたときの入れる位置で雰囲気が変わるんです。

目頭は涙袋とも言われる部分。ここには明るい色を入れるのがおすすめです。白すぎるとギャルっぽくなるので注意して。

反対に暗めの色だとクマのように不健康な印象を与えてしまいます。

黒目の下はどんな色でも入れやすい場所。暗めの色だと黒目になじんで、一体化して見えるのでより瞳が大きく見せられます。また明るい色や他の色を入れても違和感がありません。

目尻も色問わず入れやすい場所です。締め色だとタレ目効果の働きがあり、甘い雰囲気のメイクにしたいときにおすすめ。明るい色よりは暗めのアイシャドウの方が目ヂカラが出ますよ。

使う色によって乗せる場所を変えてみて。今回は普通のメイクだと可愛さやお洒落さが出せないので色を使っていきます。

実は入れると可愛い!?アイカラー

おすすめカラー①《イエロー系》

イエローは目元に光を集め、明るさを与えるカラー。フレッシュさが増して、若々しい印象に。普段使う機会の少ない色でもあるので一気に新鮮なメイクになりますよ。
入れる場所は目頭から黒目の下まで。

・使用アイテム:セザンヌ グロスアップアイシャドウ GD01

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ