無料の会員登録をすると
お気に入りができます

顔を隠すべき? 知らない人が写り込んだ画像をSNSにアップするときの対処法

ライフスタイル

(twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホで撮影したときに、知らない人が写り込んでしまうことはよくある。写り込んだ顔はスタンプで隠したりぼかしを入れたりするほうが、トラブル防止になるだろう。

■半数近くは「知らない人の顔を消す」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「画像の処理について」の調査を実施した。

「知らない人が写り込んだ画像を、ネットにアップするときには顔を隠す」と答えた人は、全体で47.7%と高い割合になっている。

■女性は写り込んだ人の顔を隠す

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

細かいところに目が行く人は、女性のほうが多いのだろう。

「自分が写っている画像が勝手にアップされていたら、いい気持ちはしない。プライバシーの問題もあるけれど、写り込みなら変な顔している場合も多いだろうし。
自分が嫌がることを人にするのはダメだから、私は絶対に写り込んだ人の顔を隠すようにしている」(20代・女性)

■10代のネットリテラシーは高いのか

性年代別では、男女ともに10代が一番多くなっている。大人よりも、子供の頃からネットに触れてきた人のほうがネットリテラシーが高いのだろうか。

「若い子たちは、加工することを前提に撮影している。そのため写り込んだ人の顔を消すのも、加工作業に入っていると思う。一方であまり気の回らないタイプの大人は、撮りっぱなしをそのままアップする人もいるから」(20代・女性)

■友達でも画像をアップするなら言ってほしい

知らない人だけでなく、友達でさえも「勝手にアップしないでほしい」との声がある。

「知らない人だけじゃなくて、たとえ友達でも画像をアップしていいかくらいは聞いてほしい。本人は顔出しOKでも、こちらはあまりしたくないのに。
しかも友達は自分が写りの良いものを選んで、私がおかしな顔になっているものを平気でアップする。その辺りを含めて、やっぱり勝手にアップされるのは嫌」(30代・女性)

万が一のためにも、写り込んだ人の顔は隠しておいたほうが賢明だろう。

(文/しらべぇ編集部・ニャック)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ