無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旅行デートでケンカに「こんなはずじゃなかった…」何があった?

恋愛・結婚

今年のゴールデンウィークは長く休みが取れる人も多いですよね。彼とのデートも泊まりで出かけたり、いつもはできない贅沢な旅行をしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、長くいることで素が出てケンカになってしまうと、せっかくの思い出が台無しですよね。そこで、fumumu取材班は旅行デート中にケンカになったことがあるカップルに、原因を聞いてみました。

①スケジュール観を確認する

「僕は観光地に行ったら、そう頻繁に行けるものでもないので、満足いくまでみたいんですよね。もし回れなくなったら、また次回に行けばいいと思うし。だから、彼女と組んだ旅行スケジュールは、あくまで目安だと思っていました。なのに、時間で切り上げられて、『バスが間に合わなくなっちゃう』と急かされて、一番見たかったものが見れず、ケンカをしてしまいました。
彼女は、見ると決めたものは全て見たいし、移動時間をできるだけ短くして、効率よく回りたいタイプだったようです。最初にわかっていたら、見たいポイントを絞っておいたのになあ…。すごく残念な気持ちになりました。何を重視して周るかって最初に確認しておくべきですね」(20代・男性)

②化粧で出発時間を遅らせない

「できるだけ多く観光したいので、早く開いている観光地から周る計画をしていました。にもかかわらず、彼女のメイクや髪のセットに時間がかかり…。急かしたものの、結局1時間遅れて出発することになりました。1時間あれば1か所くらい多く見れたと思うと、すごく腹立たしくて、つい怒ってしまいましたね。
朝からケンカになったので、その後の旅行は楽しくなかったです…。女の子が綺麗な格好で外出したい気持ちはわかるけれど、出る時間は分かっているはずなので、逆算して早く起きてほしいと思います」(20代・男性)

③不満を言わない

「旅行って、お金をかけていくからこそ不満が出やすいですよね。例えば、料理が思ったほど美味しくなかったり、観光地が期待と違ってしょぼいと感じることもあると思います。そういうときに、彼女はわざわざ『美味しくないね』『うわ…時間無駄にしたわ。せっかくこんだけ移動したのに…』と不満を全部盛り下がるんですよ。
確かに僕も思っていたことなので、そう思うのは仕方ないと思うのですが…。せっかくの旅行で不満ばっかり聞くと、気持ちが盛り下がるから口に出さないでほしいと思います。ついつい、『うるさい』と怒ってしまい、『だってそうじゃん』と口論になってしまいました」(20代・男性)

楽しい思い出になるように、気遣いをすることが大事になりそうです。どんな旅行がしたいか話し合っておくと良いかもしれませんね。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ