無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ナチュラル盛りが旬!今年風・囲み目メイクのコツとにじませない裏技アイテム

メイク

旬のアイメイク=囲み目メイクとは?

数年前に流行した囲み目メイクが、ふたたびトレンドとなっています。以前は、ダークカラーで目を囲む方法が主流であったため、目がかえって小さく見えてしまうという声も多くあがっていたようです。そのため、囲み目メイクに苦手意識を感じる方も多いかもしれません。

しかし、今季・春夏の囲み目メイクは、きれいなピンクやオレンジ、ラメアイシャドウなどを下瞼の1/2ほどにのせる、ナチュラルな仕上がりのメイク法が主流となっています。レフ板効果で目が大きく見えたり、黒目と白目の色がきれいに映ったり、センシュアルな雰囲気や適度な抜け感をまとえたり、たくさんのメリットが得られます。

これまで瞼の上にしかカラーをのせなかったというナチュラルメイク派の方も、ぜひ積極的にチャレンジしてみて!

今年流囲み目アイメイクのやり方

ポイントは、シアーなカラーの重ね塗りです。質感違いのアイシャドウを重ねることで、奥行きが出て、目元にナチュラルな立体感を演出できます。

① アイシャドウベースを上瞼全体に塗る。下瞼には、油分でにじんでしまうことが多いので控えめに。

② シアーなカラーのアイシャドウを大きめのブラシでアイホール全体にほんわりとのせる。

③ 同じカラーのアイシャドウ、またはマットなアイシャドウを小さめのアイシャドウブラシで上瞼の目の際に塗る。

④ 同じく、小さめのアイシャドウブラシで下瞼の1/2に塗る。

⑤ シマリングオーロラアイズ 01 オーロラピンクなど、シャイニー系のアイシャドウを瞼の中央黒目の上に、ブラシか指で丁寧に重ねる。

⑥ 同じく、小さめのアイシャドウブラシで下瞼の1/2に塗る。

さりげない抜け感のあるアイメイクが完成します。

<メイク例1>

【使用アイテム】
●キャンメイク アイシャドウベース(500円【税抜】)
●キャンメイク シマリングオーロラアイズ 01 オーロラピンク(550円【税抜】)
●セザンヌ シングルアイシャドウ 03マットレッド(400円【税抜】)

<メイク例2>

マット・パール・シマー・メタリックの質感違いアイシャドウ入りパレットで、思い通りの仕上がりに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ