無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頭皮ケアは中高年からじゃダメ! 医師が教える「20~30代こそ必要な理由」

美容

頭皮ケアって、アラサーもするべき!?

最近、よく耳にするようになった、「頭皮ケア」や「スカルプケア」という言葉。頭皮トラブルを抱える人だけでなく、幅広い世代に注目されているようですが、20~30代の女性でも必要なのでしょうか?

皮膚科医の青木由佳先生に、頭皮ケアの必要性や頭皮ケアの方法を教えていただきました。

実は、美髪には頭皮ケアが必要だった!

――頭皮ケアと聞くと、おじさんがやるイメージが…。20~30代女性でも、ケアは必要なのでしょうか?

青木先生 頭皮には、髪の毛を作るのに大事な毛包幹細胞・色素幹細胞という細胞が存在しているため、健康で美しい髪の毛のためには、実は頭皮のケアが欠かせません。

頭皮は、顔の肌よりも皮脂や汗の刺激が多いうえに、毛に覆われているので蒸れやすく、またバリア機能が弱いのでトラブルが起きやすいところがあり、どの世代であってもケアは必要といえます。

――頭皮といえば、フケやかゆみ、ニオイなどの悩みがありますが、それらも、頭皮ケアをしていないのが原因ですか?

青木先生 頭皮ケアをしていないのも原因のひとつです。頭皮ケアを怠っているとフケやかゆみ、ニオイだけでなく、髪の毛のツヤやハリコシにも影響が出てきてしまいます。健やかで美しい毛を保つためにも、日頃から意識して頭皮ケアを取り入れましょう。

頭皮ケア方法

――具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか?

青木先生 年齢とともに毛包幹細胞や色素幹細胞のDNAのダメージが蓄積してくると、それらの細胞の機能が落ちたり、数が減ったりして薄毛や白髪が起こります。このことから、エイジングの進行を早める活性酸素の影響を取り除くことが非常に大事です。活性酸素は紫外線・タバコやストレスなどで生じますので、日ごろから次のことを実践しましょう。

1.日傘や帽子などを使って紫外線を頭皮にあてない

青木先生 紫外線対策をせずに外出することは、頭皮にとってもよくありません。日傘や帽子などを使って頭皮も紫外線から守りましょう。

2.ストレスをためない

青木先生 活性酸素を発生させるストレスをためてしまう生活も、頭皮にはよくありません。生活習慣を見直し、早期に解消することが、頭皮にとってはプラスになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ