無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長年の彼氏と絶対「セックスレス」にならない彼女とは

倦怠期を迎えると、どうしても彼氏に文句を言いたくなることがあると思います。

そんな時、彼のプライドを傷つけすぎてしまうと、セックスレスへ一直線です。

男性は、自分を男として認めてくれない女性を、異性だと認識しなくなるのです。

言いにくいことを上手く伝えるには、相手を傷つける意図がないことを最大に表現したり、誤解のないように慎重に言葉を選ぶ必要があります。

日常のどんな場面でも役立つ“伝える力”を意識して身につけるようにしてみましょう。

④実は男性からナンパされた経験が多い

男性からナンパされたことが多い女子は、その経験を生かし、彼氏とのセックスレスを確実に防いでいる、なんてことがあります。

ナンパ師は、甘い言葉で近づいてきます。肉体関係を持つために、相手の性的な魅力をベタ褒めすることなど、朝飯前です。

そんな手口を知っている女子は、「○○クンって本当にセクシーね」とか「○○クンのカッコ良さにうっとりしちゃった」なんてセリフを長年の彼氏に、日常的に言えちゃうのです。

カレは、毎回その気になっているはず。

意外とナンパ男から学べることもあるので、「軽い女と思われた」なんて腹を立てて拒絶するのはもったいないかもしれません。

セックスレス招くのは「自信のなさ」

いかがでしょうか。一般的には、セックスレス状態になると、自信がなくなってしまうと考えられているはずです。

しかし、本当は逆なのです。

自分に自信がないからこそ、セックスレスを招いてしまうのです。

揺るぎない自信があれば、あえて下手に出て相手を持ち上げたり、長年連れ添っているパートナーを自分から口説いたり、行為の最中の自分に酔って愛の営みを盛り上げたりできますよね。

自分の価値を決める役割をパートナーに押しつけず、自分自身で引き受けるのが、まさに長く愛されるコツなのです。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ