無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏デートのメイク崩れは絶対NG!徹底的にメイクを崩さないすぐできる簡単テク

メイク

①下地を塗ったあとすぐにファンデーションを塗らない

メイク崩れ対策に重要な化粧下地も、その塗り方を間違ったままでは、役割を存分に果たすことは難しいでしょう。特に汗などで、余計に化粧崩れしやすい夏には、普段より丁寧にベースメイクをする必要があります。

ここで大切なのは、化粧下地を塗ってから、すぐにファンデーションを塗らないことです。慌ただしい朝には、つい基礎化粧品から下地まで、一気に塗った上でそのまますぐにファンデーションに取り掛かる方も多いのでは?

しかし、実はこれが化粧崩れをまねく原因のひとつでもあります。

下地を塗ったあとには、軽くティッシュオフをして、余分な油分をケアするようにしましょう。このワンステップがあるだけでも、ファンデーションのフィット感に違いを感じることができますよ。

②アイブロウメイクでも化粧下地を眉毛に塗ろう

夏のメイク崩れしやすいパーツの中には、顔の印象を左右する“アイブロウ”もあがるでしょう。せっかくのデートも、肝心なアイブロウメイクが崩れてしまったら、テンションが下がってしまいますよね…。

崩れ知らずのアイブロウに近づけるには、ベースメイクで活躍した化粧下地の出番です!

スクリューブラシを使って、眉の毛流れを整えたあと、化粧下地をブラシに数滴ほどたらし、眉に馴染ませていきましょう。このとき使用する下地は、皮脂やテカリを抑制する成分が配合されているものが好ましく、サラサラとした使用感だとメイクがしやすくなります。

このあとは、いつもどおりにアイブロウメイクをし、最後に眉マスカラで眉毛を固定してくださいね。

③マスカラがどろどろ…パンダ目対策にはマスカラトップコート

夏の暑さの中では、デカ目効果を狙ってたっぷりつけたマスカラも、気がつけばドロドロに崩れ“パンダ目”になることも…。これでは意中の彼も、ギョッとしてしまいます。

そんなパンダ目を防止するために効果的なのが、水や汗、皮脂に強いマスカラトップコートです。

マスカラを塗り、乾かしたあとに上から重ね塗りすることで、メイク崩れを防止できます。マスカラをつけたての美しい状態をキープしてくれる心強いアイテムですよ。

④仕上げに崩れ対策用のメイクキープスプレーを吹きかける

最後に、仕上げにはいつものメイクの上から、スプレーを吹きかけるだけで、メイク崩れ対策ができるアイテムを導入しましょう。粒子の細かいミストのおかげで、まるでメイクの上から薄いヴェールで包まれたような仕上がりに導きます。乾燥が気になる方にとっても、保湿ケアがあわせてできる優れものです。

中には、ほてった肌をひんやり冷たいミストが、クールダウンさせてくれるタイプもあるので、チェックしてみてくださいね。また、夏の厳しい紫外線から肌を守る、UVケアの働きがあるものもおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ