無料の会員登録をすると
お気に入りができます

野菜のみじん切りが簡単&あっという間! 300円アイデア調理グッズ使ってみた。

100yen

ほとんど包丁を使わずに、簡単にみじん切りができるアイデア調理グッズを知っていますか?

ダイソーで発見した東京バーゲンマニア記者は、タマネギと人参で試してみました。

ハンドルを動かすだけ

ダイソーの「ハンドル野菜カッター」(税別300円)は、ボウルのフタのハンドルを引っ張ると、刃が回転して、食材を刻んでくれるという調理アイテムです。野菜の下ごしらえやみじん切りをしたいときに活躍してくれます。

都内のダイソーで購入した記者は、タマネギと人参をみじん切りに挑戦しました。

箱の中には、ハンドル付きのフタ、3つの小さな刃が付いた部品、ボウルが入っています。

まずはそれぞれの野菜を洗い、皮をむき、ぶつ切りにします。

ボウルの中央に刃の部品をセットし、容器の半分以下まで野菜を入れます。結果的にタマネギは約2/5、人参は約3/4入りました。

まずはタマネギから。フタの内側の突起を刃の部品に繋げ、フタをまわしながらしっかり閉めます。本体を手で押さえながら、ハンドルを素早く引っ張ります。

これを何回も繰り返すことで、タマネギが刻まれていきます。50回くらいで、みじん切りになりました。

最初の野菜が大きい段階では、ハンドルを引っ張るのに力が必要でしたが、数回行うと、楽に引っ張れるようになりました。普段あまり料理をしない記者としては、包丁を使うよりも簡単にみじん切りができたので満足です。刃の部品を抜けば、そのままボウルとして使えるのもいいですね。

ビフォーアフター

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ