無料の会員登録をすると
お気に入りができます

つかんで・もんで・ほぐして、簡単! 冬のうちに二の腕痩せできる最新マッサージテク

美容

脂肪ほぐしで“しなやか細BODY”をつくる、千波さん直伝のダイエットマッサージ。今回のパーツは「二の腕」! 服で隠しておける冬の間に、硬くなった脂肪をほぐして流れを改善しておけば、春夏のおしゃれをもっと楽しめるはず。肩こりがひどい人は、肩甲骨の動きをスムーズにすることが二の腕痩せの入り口に。

教えていただいたのは・・・ 美容家・ダイエットコーチ 千波さん

自身が20kgのダイエットとリバウンドを経験。エステ講師や加圧インストラクターを経て、痩せない・ダイエットがうまくいかない原因がメンタルにあることに気づき独立。ダイエットを成功させるために「モチベーション」を組み込んだダイエットトレーニングは半年で満員となり、Instagramのフォロワーは12万人超え! 自身のSNSやオンラインサロンでもダイエットマッサージのプロセス動画を配信中。

Q.だるだるの二の腕を必死でもんでいるけど 一向に細くなる気配がないのはナゼ?

腕の骨は、肩関節によって肩甲骨とつながっています。いつも猫背で肩甲骨の可動域が狭い人は、連動する腕の動きも悪くなり、血流低下→冷え→脂肪がつきやすいという負のスパイラルに。まずは、肩甲骨を動かしたり安定させる働きのある“前鋸筋(ぜんきょきん)”をもみほぐすところから始めましょう。その後に二の腕の脂肪をくだくようにほぐして血液&リンパ液の流れを改善していけば、来年の春夏にはノースリーブだって余裕で着られます!

右手を左の背中側にまわし、ブラ上のあたりからワキの下に向かって前鋸筋をぐっとつかみながらもみほぐしていく。左手を右肩にのせるとマッサージしやすくなります。最初はつかみにくくても、続けるうちにほぐれやすくなるので頑張って! 両サイドを各10回ほぐして。

にぎりこぶしをつくったら、第二関節の部分を肩口にあて、ゴリゴリと上下にほぐしていく。筋肉のこわばりや脂肪を細かくつぶしていくイメージで上下に20回繰り返します。腕の側面から前側までをまんべんなくほぐすことで血流もアップ! 次に、二の腕の肩口を包むように親指以外の4本をあてたら、指の腹に力を入れ、骨のキワに指の腹を食いこませながら、ひじまで押し流してマッサージ。腕にタテにラインを入れていくようなイメージで両サイド各10回。

腕の付け根は、冷えやすくてセルライトもつきやすい場所。第二関節を使ってゴリゴリほぐすことで、血液やリンパ液の流れがスムーズになり、老廃物も排出されやすくなります。肩こり・首こりがひどい人は腕の付け根が固まっているので、特に念入りにほぐしてください。マッサージするときは、オイルやクリームをたっぷり塗っておくと、摩擦による色素沈着を予防できます。血行促進や脂肪燃焼効果のあるものを使えばさらに効果的!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ