無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「明日からの人生」が簡単に好転する理由

恋愛・結婚

こんにちは、ライターの仁科友里です。

「人生を変えたい」という言葉は、化粧品のCMにも使われていたことがあります。それくらい、とくにまだまだお若いみなさんにとっては、基本的な欲求なのかもしれませんね。

それでは、今日は「どうやって人生を変えればいいのか」を一緒に考えてみましょう。

人生を変える方法とは?

「人生を変えたい」。そう思うとき、大きく分けると2つの条件が思い浮かびます。

(1)やりたいことがすでに決まっている
(2)やりたいことはとくにないけれど、現状がうまくいっていないのでなんとなく

あなたはどちらに当てはまりますか?

(1)の人生の変え方

では、(1)の人はどうやって人生を変えればいいのでしょう。

ますは、「やりたいこと」をどんなふうに「やりたい」のかについて、具体的なイメージを持って調べてみましょう。

たとえば、あなたが「転職したい」と思っているとします。そんなときは、ただ漠然と求人を探すのではなく、もう一歩踏み込んで、転職した後にどういうふうに働きたいのかも考えてみるのです。

仕事で成功した人というのはブログをやっていたり、キャリアストーリーが書籍化されていたりすることが多いものです。それらに目を通して、頭の中であなた自身のキャリアストーリーを組み立ててみてください。

ほかにも、結婚したい、婚活をはじめたいと思っているのなら、まずは「自分にとっていい結婚とは何か」のイメージを固めてみましょう。あなたから見て「いいな」「幸せそうだな」と思える結婚をしている既婚者を数組見つけて、結婚生活についての話を聞いてみるのもいいでしょう。

そして次に、そんな結婚をするためのさまざまなデータを集めてみましょう。あなたが「いいな」と思えるカップルはもちろん、職場などで話しやすい先輩に、出会ったきっかけ、何歳のときに知り合って、何年交際して結婚したのかなど、結婚までの馴れ初めを聞いてみてください。あなたのまわりでの「結婚の法則」がつかめることになると思います。

どんな分野に挑むにしても、漠然と努力するのではなく、成功している人が具体的にどんなことをしたのかを調べてみましょう。そうすると、自分のすべきことが自然と見えてくるはずです。

(2)の人生の変え方

次に、「やりたいことはとくにないけれど、現状がうまくいっていないのでなんとなく人生を変えたい」と思う場合。「現状が安定していて少し退屈」か、もしくは「何をやってもなんだか充たされない、なんだかイライラする」とういうような空虚感を抱えているのだと思います。

こういう人におすすめしたいのが運動です。「最近身体を動かしてないな……」という方、多いのではないでしょうか?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ