無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それズバリNG眉です!不器用さんでもすぐできる♡今っぽ垢ぬけ眉を作る3つのポイント

顔の印象を大きく左右する眉。毎日描いているのに全然上手に描けるようにならない!って悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?アイブロウはコツを掴めば失敗率が格段に減ります。今回は失敗に陥りがちなNG眉と改善ポイントやお役立ちアイテムをご紹介します。

メイク

NG眉その1:濃淡がない!まるで海苔を貼ったような不自然な眉

誰しもが一番やってしまいがちなミスなのですが、眉の形に気を取られて眉の濃さが一定になってしまうNGポイント。

ペタッとした眉は顔が浮いてしまうし、垢抜けない印象になってしまいます。

【解決策】

じゃあどうやって自然な濃淡をつければいいの?という方にオススメなのが、アイブロウペンシルとパウダーの合わせ使い。

眉頭から眉尻にむかって段々と濃くなる眉が理想。

眉頭→パウダー、中間→パウダー&ペンシル、眉尻→ペンシルで仕上げると簡単に自然な眉が作れます。

▲左から、KATE デザイニングアイブロウ3D、ADDICTION アイブロウブラシ

アイブロウパウダーはグラデーションになっているパレットタイプを選ぶとよりキレイなグラデーションが作れます。

適度なコシとボリュームがあり、毛が短めのアイブロウブラシを1つ買い足すと、モデルのような眉が再現できるかも!

NG眉その2:一気にバブリー!眉頭が一番濃くてくっきりした眉

前段でもご説明しましたが、眉は「眉頭から眉尻にむかって段々と濃くなるのが理想」です。

とくに離れ眉の方がやってしまいがちな、眉頭の描きっぱなし。キツい顔つきになるだけでなく、一昔前の顔になってしまうので注意が必要です。

【解決策】

ペンシルを使おうがパウダーを使おうが眉頭は必ずブラシでぼかしてください。調整がしやすいスクリューブラシが一番オススメ。

スクリューブラシも細さや硬さでぼけ方が変わるので、自分に合ったブラシを見つけてください。

ぼかすときは真横ではなく、画像の矢印を参考に、顔の中心にむかってぼかしていくと自然な眉に仕上がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ