無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[セリア・ダイソー]時短キッチンをつくる!100均グッズの家事ラクアイディア4選

毎日使うキッチン。料理をしたり、食材の管理をしたり、食器を片付けたり…と、一日のうちの長い時間を過ごす場所なので、少しでも時短&ラクできるようにしたいところですよね。そんな毎日のキッチン仕事が、100円グッズを使ったちょっとした工夫でぐんとラクになるんです!今回は、そんな100円グッズを使ったキッチンの時短アイデアをご紹介します。

100yen

①セリアの「消耗品収納ケース」でワンアクション収納

日常生活の中で、もらったり使ったりする機会が意外と多い、割りばし。そんな割りばしのストックを、以前はファスナー付きケースに入れていたのですが、いちいちファスナーを開け閉めするのが面倒で、置きっぱなしになることも…。

そんな時に便利なのが、セリアの「消耗品収納ケース」です。スリット入りの細長いケースで、ワンアクションで出し入れできるのが優秀!

これならファスナーやフタを開け閉めする手間なく、サッと出し入れできるので時短に。

しまうのが面倒にならないので、ズボラさんでも出しっぱなしがなくなってオススメです。

割りばし用の他にも、ビニール袋や使い捨て手袋などの消耗品を入れるのにぴったりなタイプもあるので、よく使うものはこのケースに入れておくと、ワンアクションで取ることができてぐんと便利になりますよ。

②ダイソーのディッシュラックで2段・3段収納

食器棚の中で、違う種類のお皿が重なった状態だと、下になっているお皿を取ったり戻したりするのが大変になってしまいますよね。

そんな時に活躍するのが、ダイソーのディッシュラックです。

ダイソーのディッシュラックは、100円ながら機能的で、天板の凹みにラックの脚をはめこむことで、上下に2つ組み合わせて使うこともできるんです!

2つ組み合わせれば、空間を3段に仕切ることができるので、種類ごとにお皿を分けつつ空間をムダなく使えます。

ワンアクションで使いたいお皿を取れるようになるので、配膳も片付けもぐんと時短になりますよ。

③ダイソーの「積み重ねボックス」ですぐ使える収納

キッチンで使う、かつおぶしやほんだし、小さなふりかけなどのパック。パッケージの袋のままだと、形も大きさもバラバラなので引き出しの中で埋もれてしまったり、パックが繋がっているものだとサッと使えず手間取ってしまったりしますよね。

よく使うパック類は、買ってきた時にパッケージから出してボックスに入れておくと、ぐんと使い勝手がアップします。

ダイソーの「積み重ねボックス」は、そんなかつおぶしのパックや小さなふりかけがぴったり収まるサイズなんです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ