無料の会員登録をすると
お気に入りができます

透明感作りにはラベンダー♡セザンヌvsキャンメイク!大人気ラベンダーチーク徹底比較

メイク

ラベンダーチークの効果って?

まず、ラベンダーカラーについて。

ラベンダーカラーは、ブルーとピンクのいいとこ取りをしたカラーで、程よく血色感を与えながらくすみなどを飛ばして透明感をグッと上げてくれる、優秀カラーなんです。

透明感を与えてくれるだけでなく、発色が強すぎるチークに重ねることで程よく発色が抑えられて、使いにくくて悩んでいたチークを使いやすくしてくれるとっても素敵なアイテムです。

今回はCANMAKEとCEZANNE、この2つを比較していきます!どちらも人気ブランドなので、どっちがいいのかな?と思っている人も多いんじゃないかなと思います。

血色感も出せるCANMAKE

CANMAKE パウダーチークス PW39/550円

まず、CANMAKEから。CANMAKEは、少し色が濃く発色してくれるので、透明感を出しながら血色感をしっかり出すことができます。

付属のブラシはすごくふわふわで、程よく粉を含んでくれるのでとっても使いやすいですよ!

ナチュラルな透明感を目指すならCEZANNE

CEZANNE ナチュラルチークN14/360円

次はCEZANNE!CANMAKEよりお値段がお手頃で、こっちを選ぶ人も多いんじゃないでしょうか?

こちらのチークの方が発色がナチュラルで、血色感というより透明感だけをグッと引き上げてくれるような印象です。

付属のブラシは少し硬めで粉の含みがとってもいいので、一度手の甲でオフしてから使うのがオススメです!

比較してみました

手に出して比較してみるとこんな感じ!右がCEZANNE、左がCANMAKEです。チーク自体の色はそこまで違いがないように見えますが、手に出してみると血色感の出方や透明感の出方が違うことがわかりますね♡

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ