無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人間関係で悩んだら思い出したい、3つの考え方

ライフスタイル

日々を過ごしている中で、人間関係での悩みは切り離せないものです。誰かにイライラしたり、一緒にいるのが苦痛だったり、自分の言動を後悔したり…。

人間関係でのストレスを少しでも減らすためには、どうすればいいのでしょうか。

人間関係で悩んだときに思い出したい考え方を、fumumu取材班が聞いてきました。

①環境は変えられる

「学校や職場の人間関係で悩むと、世の中すべてが敵に見えることもありますけど…。自分がいる環境は、自分で変えられると知っておいたほうがいいと思います。
私は学校にどうしても合わなくて、通信制の高校に転校したんです。職場だって、本当に苦しければ転職を検討したっていいじゃないですか。
『自分はここでしか生きていけない』と思ってしまうと、逃げ場がなくてつらいと思いますよ」(20代・女性)

関連記事:本当に苦しかったときに救われた、身近な人の一言3選

本当に苦しかったときに救われた、身近な人の一言3選

②合わない人はいる

「生きていくうえで、絶対に合わない人はいると思うんです。すべての人とうまくやろうと思わずに、『合わないならしょうがない!』と割り切ることが大切なんじゃないでしょうか。
気が合わない人と無理に付き合っていても、自分が楽しくないですよね。最初はうまくやれたとしても、いつかボロが出ると思います。
関係性が作れなくても、自分に悪いところがあったと気負い過ぎずに、性格の相性が悪かったんだと思うほうが過ごしやすい気がします」(20代・女性)

③なにかを決断するのは自分

「誰かに忠告されたり、アドバイスをされても、最終的に決めるのは自分だと忘れなければ後悔もしないように思います。
人の意見に振り回されてしまうと、後から『ああすればよかった…』と悔やんでしまうことも多いんですよね。親でも上司でも、なんでも言うことを聞かなきゃいけない義務はないはず。
絶対に正しい意見しか言わない人なんて、どこにもいないんですから。決断する権利が自分にあるとわかっていれば、誰かの顔色を伺いすぎることも少なくなるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

会う人すべてに好かれることは、誰だって難しいものです。人間同士、相性はあると割り切って、好きな人との時間を大切にするほうがいいのかもしれないですね。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ