無料の会員登録をすると
お気に入りができます

突っ張り棒・フックが大活躍!デッドスペース活用テク10連発

インテリア

デッドスペース増えてませんか?

狭くて収納が少ないおうちの場合、デッドスペースまで収納スペースにしたいですよね。そこで今回は、収納上手さんのインスタで見つけたデッドスペース活用法をまとめてご紹介していきます!

すぐ真似できるアイデアがたくさん。早速取り入れて、スッキリ快適な空間を目指しましょう。

リビング編

①上空間に突っ張り棒でハンガーラック

多くの人が無駄にしているのが、部屋の上にぽっかり空いたスペース。ここに、幅広サイズの突っ張り棒を設置することで、おしゃれなハンガーラックができあがります。来客時の服掛けに使用しているんだそうです!

重量には制限がありますが、明日のコーデなどをかけておいても良さそう。ブラックの突っ張り棒なら、インテリアとしてもよく馴染みますよ。

②はしごを壁掛けしてバッグ収納

ラックを置くほどのスペースはないけれど、バッグなどをかけるところが欲しい。そんな時には、壁に立てかけられる“はしご”が使えます!フックをかければ、簡易ラックの出来上がりです。

実はこのはしごは、無印良品のスチールユニットシェルフの端の部分なんだとか!素敵なアイデアですよね。

③ファイルボックス×キャスターで隙間収納

ソファと壁のわずかな隙間も、工夫次第で収納スペースに早変わり!しっかりとした棚を置くのは難しいですが、ファイルボックスならすっぽり入りますよ。

こちらは無印良品のファイルボックス。メルシーポット(赤ちゃん用の電動鼻水吸引器)を置くスペースにしているそうです。キャスターをつければ、取り出しも楽々。お掃除もスムーズに行えます。

④カウンターにフックをかけ収納スペース確保

カウンターキッチンの壁にフックをかければ、ちょっとしたものをかけておける収納スペースが出現!キッチンやリビング周りに、あと少しだけ収納スペースが欲しいと思っていた方におすすめです。

記事に関するお問い合わせ